ホーム > CSR > 財団を通じた社会貢献

財団を通じた社会貢献

鹿島は企業市民として学術・文化・芸術活動を積極的に支援しています。
特に5つの財団の事業を通じて長年学術や文化振興に寄与しています。

  • 公益財団法人 鹿島学術振興財団

    1976年設立。都市・居住環境の整備及び国土・資源の有効利用等による国民生活環境の向上、日本の学術の発展及び文化の向上発展に寄与することを目的として、研究助成、研究者交流援助等の事業を行っています。

  • 公益財団法人 鹿島美術財団

    1982年設立。美術の振興を図り、日本の文化の向上と発展に寄与することを目的として、美術に関する調査研究、出版援助、国際交流援助、美術普及振興を行っています。

  • 一般財団法人 鹿島平和研究所

    1966年設立。国際平和の推進と日本の安全確保などに寄与することを目的とし、国際間の平和・安全・経済、日本の外交に関する諸問題の調査研究とその援助、研究成果の出版を実施しています。

  • 公益財団法人 渥美国際交流財団

    1994年設立。故渥美健夫鹿島建設名誉会長の遺志により設立されたこの財団は、諸外国からわが国の大学院に留学している優秀な学生に対し、奨学援助を行っています。

  • 公益財団法人 鹿島育英会

    1956年設立。国内の大学生及び外国人留学生に対して奨学援助を行っています。

コンクールの開催を通じて、芸術・文化活動の支援を行っています。

  • KAJIMA彫刻コンクール

    「彫刻・建築・空間」をテーマに、2年ごとに鹿島彫刻コンクールを行っています。

  • SDレビュー

    グループ会社の鹿島出版会が主催する建築コンクール。「建築・環境・インテリアのドローイングと模型の入選展」として作品を一般公募しています。

ホーム > CSR >財団を通じた社会貢献

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ