ページの先頭へ


現場の達人に聞いた!

工務

彼の必須アイテムとは?

工務とはどんな仕事ですか?

①建物を建てるための資材や製品を発注します。

建設資材や製品が準備できなければ、工事は始められません。しかも世の中に同じ建物は存在しないので、各建物にあったサイズのものをオーダーしなければならなりません。鉄骨やコンクリート、自動ドアやシャッターなど、資材・製品と一言で言っても、工事で使うものは種類も量も膨大です。該当する製品を得意とするメーカーを全国から探して予算にあった金額で発注していき、正しく納品されているかチェックしています。

製品・資材などの発注

②工事にかかる予算を管理します。

大きな現場になると毎月の契約と支払いが100件以上も発生します。工事全体が予算通りに進んでいるか細かくチェックし、赤字になっていないかを常に管理しています。

工事にかかる予算の管理

改ページ

③変更点の相談など、お客様との交渉を行います。

工事を進めていくと、色々な理由で最初の計画から変更になることがあります。例えば、間取りや窓のサイズ変更、カーペットの色や素材の変更など、お客様が最初に想定されていたものから、変更を希望される場合もあります。こうしたときの相談・交渉窓口となるのは工務担当者です。追加・変更した製品の確認や予算の相談など、現場とお客様の間の大切な調整を行っています。

変更点の相談などのお客様との交渉

特に気をつけているところはありますか?

しっかりと計画を立てて工事を始めても、自然災害や予算、スケジュールなどで計画がずれたり、変更が必要になったりすることもあります。現場によっては工期が一日遅れただけで多額の損失が出ることも。そうならないように、お客様や製品メーカーと常に細かい調整をくり返しながら、慎重に工事を進めていきます。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

自分が苦労して手配した資材や製品が、建物としてどんどん形になっていくときも充実感を味わうことができますが、やはり全て完成したときの喜びは格別です。長きにわたって交渉を続けてきたお客様にも満足していただき、関係者と喜び合えるのがもっとも充実感と達成感を感じられるときです。

改ページ

ある一日の仕事の流れ

  • 所長
  • 計画
  • 工事
  • 工務
  • 事務
  • 設備
  • 機電
  • 協力会社

現場の達人に聞いた!インデクスへ

ページの先頭へ