ページの先頭へ


建設現場トリビア

現場を支える職人さんの「常識」をのぞく

現場を支える職人さんの「常識」をのぞく

現場では、働く人にしか分からない謎がたくさん

建設現場の中では、謎のメッセージや小さな穴など、一般の人には分からないひみつがたくさんあります。その一部を紹介します。

鉄骨に書かれた謎のメッセージ

建設現場の中の鉄骨などに、ときどき謎の文字が書いてあります。これは、ある作業を行った職人さんが、次に作業をする職人さんにあてて送るメッセージです。これを見て、次に作業をする職人さんが、自分の仕事を始めることができます。

例:①「UTOK」=社外検査OK

②「21PC」=21回盛りこめ

鉄骨に書かれた謎のメッセージ

床にある小さな丸い穴

工事中の建物の床には、ところどころ小さな穴がいくつかあいていることがあります。ここには、柱や壁などを建て終えたあとに、電線や水道管などが通ります。こうした穴は、床をつくるときにあらかじめ開けておきます。

床にある小さな丸い穴

改ページ
型枠についている赤いパイプ

木の型枠にくっついている謎の赤いパイプ。これは、壁にコンクリートを流し込むときに使います。パイプの穴にホースをつけて、型枠の先にある鉄筋や鉄骨に向けてコンクリートを流し込みます。コンクリートが固まったら、人力でパイプを壁から外します。ときどきコンクリートの壁にある丸いへこみは、このときにつきます。

型枠についている赤いパイプ

  • タワークレーン どう解体する?
  • コンクリートは時間との勝負!!
  • 使い残したコンクリートの行方
  • 現場を支える職人さんの「常識」をのぞく
  • 大量の資材はいつ運ばれるのか?
  • 建設現場の知られざる安全対策

建設現場トリビアインデクスへ

ページの先頭へ