ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 新宿三井ビルディングに適用した超大型制震装置TMD「D3SKY®」 11月22日発生の福島県沖地震で所期の効果を確認

プレスリリース

[2016/12/27]

507KB

新宿三井ビルディングに適用した超大型制震装置TMD「D3SKY®
11月22日発生の福島県沖地震で所期の効果を確認

 鹿島(社長:押味至一)が開発し、2015年4月に「新宿三井ビルディング」の屋上に設置を完了した超大型制震装置TMD;※1「D3SKY※2」(ディースカイ)は、2016年11月22日に発生した福島県沖を震源とする地震において、その6基全てが正常に動作するとともに、想定通りの制震効果を発揮したことが、地震当日の観測記録から確認されました。

※1 TMD:Tuned Mass Damper 建物に設置した錘の揺れによって、地震の振動を抑制する制震装置
※2 D3SKY:Dual-direction Dynamic Damper of Simple Kajima stYle

制震改修後の新宿三井ビルディング

制震改修後の新宿三井ビルディング

屋上に設置されたTMDの1基

屋上に設置されたTMDの1基

 2016年11月22日午前5時59分ごろに発生した、福島県沖を震源とする地震(マグニチュード7.4)は、新宿三井ビルディング1階で観測された地震動で比較すると、東日本大震災で観測された地震動のおよそ1/5の大きさでした。
 TMDを用いた制震改修設計の際に使用した建物解析モデルに、本地震で観測された1階の加速度波形を入力してシミュレーション解析を行い、観測された建物頂部の揺れやTMDの挙動と比較したところ、建物の揺れ、TMDの挙動ともに良好に一致する結果となり、解析モデル・設計手法の妥当性とその精度が確認されました。

 次に、TMDの制震効果を評価するため、TMDを設置する前の建物モデルを用いたシミュレーション結果と、観測結果(TMDあり)を比較しました。その結果、建物の揺れの振幅の最大値は約30%低減されており、地震継続時間中の振幅の平均値(RMS値)も概ね半減したことが確認されました。また、建物頂部の変位の軌跡を概観しても、東西・南北両方向の揺れが概ね半減していることが確認できます。

建物頂部の変位の軌跡

建物頂部の変位の軌跡

 以上から、新宿三井ビルディングに設置されたTMD「D3SKY」は正常に動作し、期待した通りの制震効果を発揮していたことが確認されました。
 鹿島は、長周期地震動による長く大きな揺れに対する居住者の不安を解消すべく、既存超高層ビルへの有効なソリューションの一つである本技術を、今後も積極的に提案してまいります。

※「新宿三井ビルディング」で長周期地震動の揺れを半減 日本初 屋上に超大型制震装置(約1,800t) 工事完了 別ウィンドウが開きます   (2015年5月14日プレスリリース)

プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 新宿三井ビルディングに適用した超大型制震装置TMD「D3SKY®」 11月22日発生の福島県沖地震で所期の効果を確認

ページの先頭へ

ページの先頭へ