ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 「平成28年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定

プレスリリース

[2017/03/28]

182KB

「平成28年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定

 鹿島(社長:押味至一)は、ダイバーシティ経営の推進と、ワーク・ライフ・バランスの充実へ向けたさまざまな取り組みが高く評価され、2017年3月23日、「平成28年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。
 経済産業省が主催し、平成24年度から始まった「新・ダイバーシティ経営企業100選」は、「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する事業で、今年度は応募総数122件の中から、31社が選定されました。

「新・ダイバーシティ経営企業100選」 ロゴマーク

「新・ダイバーシティ経営企業100選」 ロゴマーク

 鹿島は、女性に限らずすべての社員が、育児や介護などさまざまなライフイベントを迎えても安心して働き続け、活躍できる職場環境の整備や制度の拡充に取り組むとともに、社員一人ひとりが能力を最大限発揮できるよう、生産性の向上を図りながら、長時間労働の削減に努めています。

 今回、高く評価された主な取り組みは以下のとおりです。


<ワーク・ライフ・バランスの充実>

  • 育児休業制度や育児のためのフレックス短時間勤務制度を整備し、男性の育児参加を後押し
  • 介護を目的に最大で約1年間休める制度の導入など、介護休業並びに介護のためのフレックス短時間勤務制度を拡充
  • 社員が独自に設定できる「記念日休暇」や、現業部門に従事する社員の休暇取得を促進する「現場異動時休暇」などを設定することで、仕事と生活の両立を支援
  • 長時間労働削減のため、時短検討会の開催や、社員の評価項目に労働時間管理を追加したほか、経営トップを座長とする「働き方改革ワーキンググループ」を発足


<女性の活躍推進>

  • 「女性技術者と管理職を5年で倍増、10年で3倍(2014年比)」とする行動計画のもと、「総合職採用に占める女性の比率20%以上とし、定着を図る」、「女性管理職の倍増を目指す」を目標に掲げた取り組みを実施
  • 「若手女性総合職向けキャリア教育研修」や「出産前後の女性総合職向け研修」を実施し、結婚や出産、育児などのライフイベントと仕事の両立を支援
  • 女性の目線を生かして建設現場の職場環境改善を図る「鹿島たんぽぽ活動」を推進
  • 女性総合職を部下に持つ男性管理職を対象に「上司セミナー」を実施


 鹿島は、女性社員だけでなく、すべての社員にとって働きやすい環境の創出に努め、誰もがその能力を最大限発揮し輝き続けられる職場環境づくりを、これからも進めてまいります。

プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 「平成28年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定

ページの先頭へ

ページの先頭へ