ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 東日本大震災における鹿島の取組み > 富岡町 本格除染

東日本大震災における鹿島の取組み

富岡町 本格除染

合理化技術を活用して除染作業が進む

福島第一原子力発電所の事故による除染について、富岡町では2013年から本格除染が行われています。富岡町の除染工事では、建物4,500棟あまり、森林約515haなどこれまでにない規模の除染が行われてきました。2017年3月現在、避難指示解除に向け、最終仕上げの除染作業(フォローアップ除染)を行っています。線量管理や出来形管理、数百人に及ぶ作業員の労務管理をITにより合理化することで、確実かつスピーディに除染作業を進めています。

図版:フォローアップ除染(表土削り取り)

フォローアップ除染(表土削り取り)

工事概要

平成28年度富岡町除染等(その4)JV工事

発注者
環境省
工事場所
福島県双葉郡富岡町 地内
施工者
鹿島・日立製作所・鉄建・飛島特定建設工事共同企業体
対象区域
福島県双葉郡富岡町(富岡町南側地区)
工事数量
宅地等除染約270区画、農地除染約45ha、宅地フォローアップ除染約1,800区画 その他
工期
2016年4月~2017年3月(工期延伸見込み)
改ページ

3,000haに及ぶ広範囲を除染

2017年1月

2017年1月現在行われている(その4)工事では、2013年8月から2015年3月に行われた本格除染(その1)工事で未着手の場所、たとえば、建物解体後に除染を希望している宅地や、川が障害となり渡れなかった田畑や森林の除染が行われています。またフォローアップ除染として、本格除染で一通り作業を行ったものの部分的に放射線量が高い箇所について、本格除染メニューにはないアスファルト舗装やコンクリートクラック部分の斫り・撤去・再舗装などの追加的な除染が行われています。

図版:建物解体後の除染作業状況

建物解体後の除染作業状況

図版:フォローアップ除染(舗装面切断)状況

フォローアップ除染(舗装面切断)状況

図版:森林除染作業状況

森林除染作業状況

図版:除去物草木類破砕減容(チップ)化作業状況

除去物草木類破砕減容(チップ)化作業状況

図版:農地除染(表土削り取り後の客土敷き均し耕起)

農地除染(表土削り取り後の客土敷き均し耕起)

図版:富岡第一中学校グラウンド整備状況(グラウンド造成、芝張)

富岡第一中学校グラウンド整備状況(グラウンド造成、芝張)

2015年2月

約3,000haに及ぶ富岡町南側の対象地域内での除染は、宅地や農地、森林等広範囲で行われています。仮置場では除染作業で発生した廃棄物の詰込、保管作業も行われています。先行している道路の除染はほぼ9割完了しています。1日あたり2,000人以上の作業員が除染作業にあたっており、作業前後には放射線量のスクリーニングが行われています。

図版:宅地除染 庭等表土の削り取り作業

宅地除染 庭等表土の削り取り作業

図版:宅地除染 屋根の拭き取り作業

宅地除染 屋根の拭き取り作業

図版:森林除染 堆積物除去作業

森林除染 堆積物除去作業

図版:農地除染 草刈り、袋詰め作業

農地除染 草刈り、袋詰め作業

図版:道路除染 高圧除染車による除染作業

道路除染 高圧除染車による除染作業

図版:仮置場での保管物取込、設置作業

仮置場での保管物取込、設置作業

図版:作業員のスクリーニング状況

作業員のスクリーニング状況

2014年2月

富岡町では、2013年からの本格除染に先立ち、町役場や消防署、警察署等の公的拠点施設や小中学校、スポーツセンター、ポンプ場等のインフラ施設の除染作業を緊急除染工事として先行して行い、その効果を確認しました。そして、2013年8月から「避難指示解除準備地域」にあたる富岡町の南側3,000haの本格除染工事が開始されました。除染面積は1,200haに及び、その面積は山手線内側の面積の5分の1に相当します。

鹿島JVでは除染作業を「安全第一」、「地元の方の気持ちを考えて作業しよう」、「放射線被ばくを最小限にしよう」の3つを基本方針に掲げて、着実に作業を行っています。

図版:富岡町総合スポーツセンターの除染作業の様子(2012年9月)

富岡町総合スポーツセンターの除染作業の様子(2012年9月)

図版:緊急除染工事となった富岡中学校の除染の様子

緊急除染工事となった富岡中学校の除染の様子(2013年5月)

図版:富岡町総合スポーツセンターの植栽部の除染作業

富岡町総合スポーツセンターの植栽部の除染作業(2012年11月)

図版:ショットブラストによる道路除染の状況

ショットブラストによる道路除染の状況(2013年11月)

図版:農地表土削り取り状況

農地表土削り取り状況

改ページ

装着式の放射線モニタリングシステムの開発

除染作業では、除染工事前後の放射線量をモニタリングすることが非常に重要です。そこで、鹿島では従来よりも機器を軽量化し一人で計測が行える装着式の線量モニタリングシステムを開発しました。従来型よりも精度よくまた、スピーディに計測地点に誘導することができ、放射線計測器から記録用タブレットにデータを無線伝送することにより、計測員によるバラつきや転記ミスの恐れもなくなります。富岡町の本格除染に導入し、スピーディかつ正確な線量モニタリングに威力を発揮しています。

図版:放射線モニタリングシステム画面サンプル

放射線モニタリングシステム画面サンプル

図版:装着式GNSS測量システム・重量2.2kgを実現

装着式GNSS測量システム・
重量2.2kgを実現

改ページ

指紋認証を用いた作業員の労務管理・線量管理システムの開発

富岡町本格除染では、1日あたり2,000人以上の作業員が除染作業に従事しています。その作業員一人ひとりの作業日数、作業時間を正確に把握し、かつ、被ばく線量を確実に管理するために、指紋認証を用いた労務管理・線量管理システムを開発しました。入場時に指紋により作業員を認識し同時にポケット線量計を貸し出します。退場時に再度指紋認証により作業員を特定すると同時にポケット線量計を読み取り機に置くことにより、その日の被ばく線量を自動的に記録すると共に作業員ごとの累計被ばく線量を管理します。

図版:指紋認証による労務管理・線量管理システム概念図

指紋認証による労務管理・線量管理システム概念図

図版:指紋認証装置とポケット線量計、読み取り機

指紋認証装置とポケット線量計、読み取り機

図版:作業員は作業終了時に指紋認証しポケット線量計を読み取り機に置くことでその日の被ばく線量を自動で記録

作業員は作業終了時に指紋認証しポケット線量計を読み取り機に置くことでその日の被ばく線量を自動で記録

改ページ

GIS(地理情報システム)を用いた出来高管理システムの開発

除染工事の進捗状況を把握する新たなシステムを開発し、富岡町本格除染工事で導入しています。これまでは紙ベースで日々の作業指示と作業記録・作業報告が行われていました。しかし、富岡町では作業班が数百以上に及ぶため、GIS(地理情報システム)上に除染業務フローを展開し、各エリアマネージャーがタブレット端末で作業記録を入力することにより、全体の進捗状況を一元管理することのできるシステムを開発したものです。クラウド上でデータを一元管理するため、WEBブラウザからどこからでも工事全体の進捗状況を閲覧することができるようになりました。

図版:除染工事出来高管理システム画面サンプル

除染工事出来高管理システム画面サンプル

Column ほっとステーション、来場者1,200人突破

2014年8月に開設した「とみおか『除染の駅』ほっとステーション」がオープンしてまもなく1年。2015年6月末で来場者が1,283人に達しました。来場者からのメッセージが書かれた桜の花びらも壁に貼りきれないくらいになり、ふるさとへの復興の思いや除染作業に従事する担当者への激励のメッセージが多数寄せられています。

また、ほっとステーションに常駐している女性スタッフによる手作りの折り紙の作品がステーションを彩っており、来場者からも好評を得ています。

この「とみおか『除染の駅』ほっとステーション」は火曜日から土曜日の10時~15時の間オープンしていますので、是非お立ち寄りください。

お問い合わせ
富岡町本格除染(その1)JV工事事務所
TEL:0240-27-3571

図版:ステーション内部 メッセージが書かれた桜の花も満開に

ステーション内部 メッセージが書かれた桜の花も満開に

図版:説明資料が置かれたテーブルも折り紙アートが華やかに演出

説明資料が置かれたテーブルも折り紙アートが華やかに演出

図版:ふるさと・富岡の四季おりおりの自然が再現されている

ふるさと・富岡の四季おりおりの自然が再現されている

図版:除染工事をモチーフにした作品も

除染工事をモチーフにした作品も

改ページ

Column 除染工事の情報発信基地、オープン

2014年8月26日、富岡町中央二丁目に「とみおか『除染の駅』ほっとステーション」がオープンしました。このほっとステーションは広く除染工事への理解を深めていただくために、工事概要や手順を紹介するパネルを展示しているほか、住民の方々のコミュニケーションの場となるよう、椅子とテーブルも用意されています。

また、メッセージコーナーでは、桜の町・富岡にちなんで、桜の花をモチーフにしたメッセージカードに、見学者や視察にいらした方からメッセージを書いていただき、ボードに貼っています。除染工事の進捗とともに、ボードの桜も満開になっていくことでしょう。

図版:富岡町中央二丁目(双葉警察署前交差点)に開設されたほっとステーション

富岡町中央二丁目(双葉警察署前交差点)に開設されたほっとステーション

図版:除染工事の概要パネル

除染工事の概要パネル

この「とみおか『除染の駅』ほっとステーション」は火曜日から土曜日の10時~15時の間オープンしており、説明員が常駐しています。

図版:メッセージの花で満開を目指すメッセージボード

メッセージの花で満開を目指すメッセージボード

図版:桜のカードに書かれた見学者や視察の方からのメッセージ

桜のカードに書かれた見学者や視察の方からのメッセージ

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 東日本大震災における鹿島の取組み > 富岡町 本格除染

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ