ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 臨海・港湾技術 > 環境関連

臨海・港湾技術

カニ護岸パネル

生き物目線で護岸の形状を考えることで食物連鎖の復活を実現

防災・治水を目的とした護岸改修によって、生物の棲み処であった石積護岸は、コンクリートや鋼矢板護岸に姿を変え、生物たちの棲み処が失われる形となりました。

鹿島では、既存のコンクリート護岸でもカニが生息している実例に着目し、カニ護岸パネルを開発しました。

食物連鎖において海ではカニの存在が重要とされています。カニの好む棲み処は、湿潤した石積の隙間などです。そこでコンクリートを用い、カニが好む石積み機能を再現しました。

また本パネルには、カニだけでなく、ウナギやハゼが生息している様子も確認されています。

特許登録済
2011年日立環境省環境大臣賞
国土交通省 平成14年度自然創出に関する画期的技術

図版:カニ・ウナギ護岸パネル 断面イメージ

カニ・ウナギ護岸パネル 断面イメージ

キーワード

護岸、食物連鎖、生物多様性、湿潤、減災、カニ、ウナギ、ハゼ、カニパネル、KANIパネル®
改ページ

生態系に配慮したカニ、ウナギ、ハゼなどの多様な生息空間の創造

カニ護岸パネルは、カニが好む日光の照り返しが低い色調を採用するとともに、パネル表面をカニが歩行しやすい粗面にしています。また石積みを模した目地や、裏面に通じる貫通穴を再現することで、カニが安心して隠れたり冬眠できるよう配慮されています。また穴を好むウナギの棲み処、食物連鎖の基盤でカニの餌にもなる藻類が繁殖しやすい粗面など、身近な生物を守る様々な機能を有しています。

あわせて生物の多様性を育む潮だまりや干潟などを隣接して整備することで、多様な生物の生息空間を創造することができます。

このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。

カニが生息している様子(動画)

図版:都市部におけるカニ護岸パネルと潮だまりを有する耐震補強護岸例

都市部におけるカニ護岸パネルと潮だまりを有する耐震補強護岸例

図版:ウナギやスズキの幼生が生息している様子

ウナギやスズキの幼生が生息している様子

改ページ

特長・メリットココがポイント

生き物の棲み処をコンクリートで創造

  • 実際に生息している石積みの護岸を参考に、コンクリート製のプレキャスト部材を製作します。
  • カニが歩ける凹凸の粗面と、隠れ場所としての深目地を入れ、照り返しが小さい色にしています。
  • パネルの色は、周辺の景観に合わせて、約10種類の色調から選べます。
  • 新設護岸だけでなく、既設護岸にも施工可能です。

図版:カニ護岸パネル

カニ護岸パネル

食物連鎖を意識した機能

  • 裏まで貫通する穴を設け、裏には棲み処や冬眠場所となるよう小石や土砂を充填しています。
  • 水生生物の生活空間を創出し、カニを要とする食物連鎖を復元することを目的とした生物共生護岸を再現します。
  • 護岸の生物再生は、沿岸魚介類の資源の保全・再生産にも寄与し、身近な内湾の再生につながります。

図版:カニが隠れている様子

カニが隠れている様子

人にも優しい護岸

  • 表面に深目地があるため、河川・運河などに誤って人が落ちたときも登ることができます。
  • 地震などで河川・運河周辺に避難した際に、パネルを登り降りすることが可能なので、そのようなニーズの場所にも設置され、減災に寄与しています。

図版:表面の深目地

表面の深目地

改ページ

適用実績

図版:芝浦アイランド南地区西側護岸整備

芝浦アイランド南地区
西側護岸整備

場所:東京都

竣工年:2006年4月

発注者:モノレールエンジニアリング

規模:護岸238m
鋼管矢板 
φ800 L=18m n=108本 φ500 L=12.5m 他 n=131本
鋼矢板VL 
L=13.5m他 n=52枚 他 
埋立工 7,390m3 土留擁壁 1式

図版:臨海・港湾

他にも多くのパネル納入・設置実績があります。

学会論文発表実績

  • 「環境保全・修復材 ─コンクリート護岸パネルの試み─」,土木学会,海洋開発論文集,第17巻,2001年6月
  • 「自然環境とコンクリート性能について」,コンクリート工学,Vol.45,No.5,2007年5月

地球にやさしく! 
サンゴ礁を蘇らせる「コーラルネット®

設置するだけで、サンゴが自然にふえる人工基盤
港湾・空港構造物周辺の環境創造としても活用

鹿島は業界で唯一、サンゴに関する研究開発を長年にわたって行っています。地球規模でサンゴ礁が消滅している原因の一つに、開発による細かい粒子が海底に堆積し、サンゴの子どもが着生しない現象があります。

コーラルネットは、網状構造のため、サンゴの着生を妨げる細かな粒子の堆積を防ぐと共に、外敵であるウニや魚類から守ります。また、基盤裏側にはサンゴが好んで着く石灰分を含む藻類(石灰藻)を増殖させます。

現在、沖縄県におけるサンゴの再生事業、港湾施設において適用し、サンゴの成育効果が確認されています。

2009年土木学会地球環境シンポジウム 地球環境技術賞
第3回いきものにぎわい企業活動コンテスト 審査委員特別賞
平成26年度土木学会賞 環境賞(Ⅰグループ)
特許登録済
NETIS OKK-150002-A

図版:コーラルネットを活用した港湾におけるサンゴの再生(イメージ)

コーラルネットを活用した港湾におけるサンゴの再生
(イメージ)

図版:慶良間諸島座間味島でのサンゴ再生プロジェクト

慶良間諸島座間味島でのサンゴ再生プロジェクト

キーワード

サンゴ、港湾、自然再生、臨海、環境
改ページ

サンゴ着生基盤「コーラルネット」の用途別タイプと仕様

コーラルネットの素材は、目的や場所によって自然分解性と不分解性の2タイプがあります。大日本プラスチックスと共同開発した自然分解性のコーラルネットは、自然環境に配慮したサンゴ礁再生を実現します。基盤の裏側に自然着生したサンゴは、岩盤などに移設して1年以内で活着し、6〜7年後には基盤は自然分解しサンゴだけが残る仕組みです。港湾などのコンクリート構造物に設置する不分解タイプの基盤は、ステンレスなど腐食の少ない素材で構成され、波や流れのある環境でも安定した設置ができます。

図版:自然分解樹脂製サンゴ着生基盤

自然分解樹脂製サンゴ着生基盤

図版:ステンレス製サンゴ着生基盤

ステンレス製サンゴ着生基盤

図版:慶良間諸島の砂礫帯における自然分解性コーラルネットによる枝サンゴ群集の再生 基盤設置から2年

慶良間諸島の砂礫帯における自然分解性コーラルネットによる枝サンゴ群集の再生 基盤設置から2年

図版:那覇港の港内側におけるステンレス製コーラルネットによるサンゴ群集の再生 基盤設置から3年

那覇港の港内側におけるステンレス製コーラルネットによるサンゴ群集の再生 基盤設置から3年

改ページ

コーラルネットの特長・メリットココがポイント

サンゴの着生・成育に最適な構造

  • コーラルネットは、網目状の構造であるため細粒分などのサンゴの着生を妨げる物質を堆積させません。サンゴは、はじめ基盤の裏側に着生し、構造上、光や流れが通り、魚やウニなどからの捕食を免れ成育します。
  • サンゴ着生基盤の裏側には、石灰分を含む藻類(石灰藻)が繁茂する特性があります。サンゴ幼生は、この石灰藻を好んで着生することが判っています。

図版:網状構造によるサンゴ着生基盤の特長

網状構造によるサンゴ着生基盤の特長

図版:基盤裏側に着く石灰藻とサンゴの幼生

基盤裏側に着く石灰藻とサンゴの幼生

軽量・施工性の良さ

  • 薄型、軽量のため運搬並びに施工が容易です。自然海域では鉄筋を使用して固定、港湾ではコンクリートへアンカーボルトにより固定します。
  • コーラルネットは、コンクリート、岩礁、砂礫底など、どんな場所でも簡単に設置することができます。

図版:(左)ダイバーにより基盤を設置(自然分解性コーラルネット)、(中)設置した基盤に自然着生したサンゴ、(右)サンゴの着いた基盤を設置して3年目 産卵による再生産が可能なサイズに成長

ダイバーにより基盤を設置
(自然分解性コーラルネット)

設置した基盤に自然着生したサンゴ

サンゴの着いた基盤を設置して3年目
産卵による再生産が可能なサイズに成長

改ページ

生育状況

2010年にコーラルネットを設置以降、基盤にサンゴが着生し、順調に成長しています。設置から4年後の2014年6月に本技術の適用により初めてサンゴの産卵を確認しました。

図版:設置時(2010年)

設置時(2010年)

図版:1年経過(2011年)

1年経過(2011年)

図版:2年経過(2012年)

2年経過(2012年)

図版:3年経過(2013年)

3年経過(2013年)

図版:4年経過(2014年)

4年経過(2014年)

図版:4年目の大潮に初の産卵を確認(2014年6月)

4年目の大潮に初の産卵を確認(2014年6月)

改ページ
このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。

自然分解性コーラルネットに自然着生したサンゴ(4年目)
サンゴが成長して岩に根付いた後、基盤は自然分解します。サンゴは海のゆりかご。海の生き物の住み家や産卵場所を提供し、海洋生態系の中で重要な役割を果たしています。

適用実績

図版:内閣府 実海域実験場提供システム 那覇港内サンゴ再生実験

内閣府
実海域実験場提供システム
那覇港内サンゴ再生実験

場所:沖縄県那覇港

適用期間:2011年3月〜現在実施中

港内側4地点の水深-3m、-5m、-7mに50センチ角ステンレス製着生基盤を設置。計24枚

図版:沖縄県サンゴ礁保全再生事業

沖縄県サンゴ礁保全再生事業

場所:沖縄県慶良間諸島、沖縄本島

適用期間:2012年4月〜現在実施中

事業者:沖縄県
(沖縄環境調査(株)、いであ(株)と共同実施)

規模:慶良間海域、沖縄本島海域の合計約20地点

図版:座間味島サンゴ再生プロジェクト

座間味島サンゴ再生
プロジェクト

場所:沖縄県慶良間諸島

適用期間:2008年〜現在実施中

発注者:座間味ダイビング協会との共同

規模:慶良間海域

学会論文発表実績

  • 「那覇港内におけるサンゴ再生(1)─港内物理環境とサンゴ被度の関係─」,日本サンゴ礁学会,第15回講演要旨集,2012年
  • 「那覇港内におけるサンゴ再生(2)─網状人工基盤の設置によるサンゴ着生効果─」,日本サンゴ礁学会,第15回講演要旨集,2012年
  • 「台風により崩壊したサンゴ礁地帯のスピード再生 ─生分解性網状基盤の活用─」,日本サンゴ礁学会第16回大会要旨集,2013年
  • 「港内のサンゴ生息地適性指標モデル(HSIモデル)の開発」,土木学会論文集B2(海岸工学),2013年
  • 「那覇港内における網状人工基盤を用いたサンゴ群集の再生」,土木学会論文集B2(海岸工学),2014年

臨海・港湾技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 臨海・港湾技術 > 環境関連

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ