ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics

鹿島の土木技術 Topics

北陸新幹線、新北陸トンネル(葉原)工事を石井国土交通大臣が視察

2017年1月9日、鹿島JVが福井県敦賀市で施工を進めている北陸新幹線、新北陸トンネル(葉原)工事の現場を石井国土交通大臣が視察に訪れました。本視察は、北陸新幹線延伸工事の進捗状況の確認の一環で行われたものです。石井大臣らは掘削が進む本坑内で、発注者である鉄道・運輸機構の蓼沼大阪支社長と鹿島・河本北陸支店長から工事概要や掘削方法等について説明を受け、工事の進捗状況や当工区の岩質等について質問されました。最後に石井大臣から「今後も安全に気を付けて工事を進めてほしい」と、工事に携わる関係者に対し激励の言葉がありました。

北陸新幹線、新北陸トンネル(葉原)工事は、北陸新幹線の延伸部・金沢~敦賀間の線路延長約125.2km区間に位置する新北陸トンネル(延長約20km)のうち、中間部~敦賀側4,495mの区間を鹿島JVで担当しています。工事は2014年3月から行われており、2017年1月10日現在、約1,830m付近まで掘り進んでいます。完成は2020年2月の予定です。

図版:鉄道・運輸機構蓼沼大阪支社長(右から2番目)から説明を受ける石井国土交通大臣(中央)

鉄道・運輸機構蓼沼大阪支社長(右から2番目)から説明を受ける石井国土交通大臣(中央)

図版:本坑内での視察の様子

本坑内での視察の様子

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ