ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics

鹿島の土木技術 Topics

高速神奈川7号「横浜北線」 開通記念式典

2017年3月18日、首都高速神奈川7号横浜北線(横羽線~第三京浜)の開通記念式典が、横浜北トンネル内の特設会場にて行われました。開通式典には菅官房長官をはじめ国会議員、関係地方議会議員、周辺自治体や工事関係者ら約400名が出席し、当社からは坂本常務が出席しました。開通セレモニーでは、テープカット、くす玉開披が行われ、盛大に開通を祝いました。出席者はその後、バスに分乗し通り初めを行い、16:00に一般車両の通行が開始されました。

首都高速道路の新路線「横浜北線」は、横浜市の交通ネットワークの骨格を形成する「横浜環状道路計画」の北側区間に位置しており、今回、首都高速横羽線・大黒線「生麦ジャンクション」と第三京浜道路「港北ジャンクション」を結ぶ約8.2kmの区間が開通となったものです。開通区間のうち当社は、JRや京急線、国道1号などを跨ぐ7本の桁を架設した橋梁工事である「鉄道交差部工事」、橋梁部とトンネル部間の道路造成等を手掛ける「子安台公園復旧工事(一部施工中)」、トンネル坑口部と換気・電源設備を併設した「子安台換気所工事」の3つの工事を担当しました。

1日2,000本もの列車が通過する線路上空で工事を行った鉄道交差部工事の三浦信幸所長は、5年半に及ぶ工事を振り返り、「京浜地区大動脈上での工事でボルト1本すら落とせない厳しい条件の中、2017年3月開業を目指して工事を進めてきましたが、無事故無災害で開業を迎えることができました。関係各所・近隣・隣接工区や工事に関係された全ての方に大変感謝しています。近未来の首都圏交通インフラ整備に貢献できたことを誇りに思います」と語っています。

図版:菅官房長官(中央)も参加したテープカットの模様

菅官房長官(中央)も参加したテープカットの模様 
提供:首都高速道路株式会社

図版:白バイの先導による関係者の通り初めの様子

白バイの先導による関係者の通り初めの様子 
提供:首都高速道路株式会社

図版:左端部が「子安台換気所工事」と「子安台公園復旧工事」、橋梁部が「鉄道交差部工事」

左端部が「子安台換気所工事」と「子安台公園復旧工事」、橋梁部が「鉄道交差部工事」

図版:子安台換気所より鉄道交差部を見る(開通直前の様子)

子安台換気所より鉄道交差部を見る(開通直前の様子)

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ