ホーム > 技術とサービス > 鹿島の海外事業 > 鹿島の海外拠点 > KAJIMA OVERSEAS ASIA

鹿島の海外拠点

KAJIMA OVERSEAS ASIA(東南アジア)

カジマ・オーバーシーズ・アジア 取締役 社長 越島 啓介

鹿島は1954年に東南アジアに進出を果たし、シンガポールでは1988年に現地法人カジマ・オーバーシーズ・アジア社(KOA)を設立しました。同社は四半世紀を経た現在、地域に根差したビジネスプラットフォームとして成長し、お客様にご満足頂ける様々なサービスを提供しています。

カジマ・オーバーシーズ・アジア社はアセアン地域における地域統括現地法人として、開発事業、建設事業、設計エンジニアリングの3つの事業の展開をしております。事業対象地域はシンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、インドです。最先端の医療、研究施設、教育施設、オフィスビル、ホテルそして高層住宅や商業施設等数多くのプロジェクトを手掛けており、設計エンジニアリングから施工、メンテナンスまで一貫したサービスを提供しています。鹿島の技術研究所、エンジニアリング事業本部もアジア進出を果たし、総合力を駆使した提案力が大きな強みです。

カジマ・オーバーシーズ・アジア 取締役 社長 越島 啓介

改ページ

会社概要

会社名 KAJIMA OVERSEAS ASIA Pte. Ltd.
(カジマ・オーバーシーズ・アジア)
本社 シンガポール
80 Marine Parade Road #14-01, Parkway Parade, Singapore 449269
Tel: (65) 6344-0066 Fax: (65) 6348-2435
設立 1988年
株主 鹿島建設 100%
資本金 S$230,814,490(約197億円)
従業員 2,422名(うち、日本人出向社員 177名)※2015年3月現在
事業内容 設計、建築工事、不動産開発
営業拠点 シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、インド、ミャンマー、香港
(台湾、中国は本社直轄法人、香港は開発事業のみ)

海外事業のお問い合わせ

鹿島の海外事業

News &Topics

海外事業トップページへ

ホーム > 技術とサービス > 鹿島の海外事業 > 鹿島の海外拠点 > KAJIMA OVERSEAS ASIA

ページの先頭へ