ホーム > CSR > CSRトピックス

CSRトピックス

東京都立両国高校で「橋」をテーマにした総合的な探究の授業を支援

  • 次世代教育

2019年12月

東京都立両国高校にて6月~12月にかけて、「橋」テーマにした出前授業を実施しました。これは高校で導入がスタートしている「総合的な探究の時間」の授業を支援するものです。

両国高校では学校名の由来である「両国橋」から着想を得て「橋」をテーマに設定し、世界の隔てられているもの、未知のもの、遠い世界のもの等の「今繋がっていない物事に橋を架ける」という目標のものとに探究の授業が展開されました。当社はこの授業を支援し、多くの橋梁工事の経験がある技術者を講師として派遣。6月に1年生全員を対象に「橋」についての一般的な講義を実施したほか、ゼミ形式に分かれた2学期には、特に技術に関心ある生徒を対象に橋の構造について講義しました。

12月にはまとめとして、橋の強度についての理論を、パスタブリッジを制作して実証した発表が行われました。生徒たちは数名の班に分かれて、事前計算による予測と実験結果の差異についての考察を発表。「コスト」、「工程」、「構造特性」などといった実際でも問題になるところを、高校生らしく柔軟で独自の観点から研究をしており、講師として参加した技術者も感心させられることもありました。

当社は社会貢献活動として次世代教育を重視しております。今後も未来をつくる人材育成の一助になることを願い、私たちがプロジェクトをとおして得てきた経験を活かして、高校の総合的な探究の授業を支援していきたいと考えています。

図版:1年生全員に「橋」をテーマに講義を実施

1年生全員に「橋」をテーマに講義を実施

図版:ゼミ形式の授業ではパスタブリッジを制作

ゼミ形式の授業ではパスタブリッジを制作

ページの先頭へ

近隣の園児が仮囲いにお絵描き(ロイヤルガーデンタワー岡山幸町)

  • 地域貢献

2019年11月

11月23日、JR岡山駅付近で建設中の『ロイヤルガーデンタワー岡山幸町』の現場にて、「仮囲いペイントアートイベント」を実施しました。

無機質な仮囲いにアートを施すことで、工事現場周辺の雰囲気を明るく、落書きや犯罪防止効果も期待して企画したものです。

近隣の共生保育園の園児、保護者、約80名が参加し、色彩豊かなアートが完成しました。園児達は、刷毛やローラーで壁一面に「桃太郎の鬼退治」の塗り絵をしたり、また無地のスペースを存分に使って思い思いに絵をかき、最後は素手で手形をつけるなど、明るく楽しい作品となりました。

参加した園児や保育園の先生方からは、「ありがとう、楽しかった!」、「貴重な体験をさせていただき、園児たちも喜んでいました。この道沿いを通る度に思い出しますね。竣工まで頑張ってください!」などの感想をいただきました。

今後も、現場周辺の安全や環境に配慮した社会貢献活動を続けて参ります。

図版:共生保育園の園児・保護者が参加

共生保育園の園児・保護者が参加

図版:テーマは岡山発祥といわれている桃太郎

テーマは岡山発祥といわれている桃太郎

図版:思いっきり手形をつける姿

思いっきり手形をつける姿

図版:かわいらしい仮囲いが完成

かわいらしい仮囲いが完成

ページの先頭へ

技術研究所で近隣の小学生向け見学会を開催

  • 地域貢献
  • 次世代教育

2019年10月

10月29日と31日の2日間、当社技術研究所(東京都調布市)で、土木学会関東支部との共催による見学会を実施しました。このイベントは「土木の日」にちなみ、子供たちに土木のすばらしさ、大切さを理解してもらうことを目的に1990年からほぼ毎年開催されているもので、今回は近隣小学校3校の小学5年生約320人が参加しました。

見学会では「橋の種類と仕組み」について模型を使用しわかりやすく紹介したほか、「コンクリートを制作してもっとよく知ろう!」「地震で地面が水になる-液状化現象の実験-」「音が響く部屋」の3つの体験型プログラムを行いました。

参加した児童からは「桁橋とトラス橋では強さが大きく違うことがスパゲッティで作った模型で理解できた」「コンクリートが速く固まって驚いた」「液状化の現象と対策がよく分かった」「人や服が音を吸収することを初めて知った」などの感想が寄せられました。また、「橋のデザインはどうやって決めるのか」「どうしてコンクリートは丈夫なのか」などの質問が投げかけられ、活発な質疑応答が行われました。

図版:液状化現象の実験に取り組む様子

液状化現象の実験に取り組む様子

図版:コンクリートに関するクイズに元気よく挙手する児童たち

コンクリートに関するクイズに元気よく挙手する児童たち

ページの先頭へ

教員の民間企業研修を受け入れ

  • 次世代教育

2019年8月

8月20日から8月22日の3日間、経済広報センターが主催する教員の民間企業研修が行われました。これは経済界と教育界との対話促進活動の一環として実施されているもので、鹿島の受入は今年で11年目。神奈川県教育委員会に所属する小学校・中学校・高等学校の副校長20名が参加しました。

3日間のプログラムでは、技術研究所の見学をとおして最新の建設技術を知ってもらったほか、土木・建築現場の見学も行い、IT機器を使った情報共有やドローンの活用など「ものづくり」の最前線を体験してもらいました。

また、参加者には事前にアンケート調査を実施しており、先生方の興味・関心の高かった安全衛生・労働管理、人材育成や女性活躍については座学による講義も実施。建設現場における安全管理手法や、女性技術者の活躍状況を紹介しました。

参加した先生方からは、「工事が徹底した安全管理のもと進められることに驚いた」「学んだマネジメント手法を学校教育の場でもすぐに活かしたい」また、「将来、建設業を目指す生徒を増やしたい」という声もいただきました。

鹿島は社会貢献活動としての次世代教育に力を入れており、今後も民間企業研修の受け入れを継続していきます。

図版:現場にて安全管理を体験

現場にて安全管理を体験

図版:人材育成についての講義

人材育成についての講義

ページの先頭へ

国連グローバル・コンパクトに署名

  • その他

2019年4月

鹿島は、国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト」に署名し、3月7日付で参加企業として登録されました。

国連グローバル・コンパクトは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための枠組み作りに参加する自発的な取組みです。

鹿島は、「社業の発展を通じて社会に貢献する」ことを経営理念に掲げています。「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野からなる国連グローバル・コンパクトの10原則を支持し、経営理念のもと事業を通じた社会課題の解決に努めてまいります。

ページの先頭へ

鹿島美術財団が文化庁・西洋美術振興財団から表彰

  • 表彰

2019年4月

1982年の設立以降、長年にわたり美術に関する調査研究助成を中心に活動している(公財)鹿島美術財団が、その功績を認められ、文化庁創立50周年記念表彰、第13回西洋美術振興財団賞の文化振興賞を受賞しました。

文化庁創立50周年記念表彰は、同庁が2018年6月15日に創立50周年を迎えたことを記念して、過去50年を振り返り文化振興に寄与した個人、団体を称えるものです。同財団の文化芸術活動への助成事業を通じて、文化芸術の振興に多大な貢献をしたことが高く評価され受賞に至りました。

一方の西洋美術振興財団賞は、西洋美術の振興を目的に、過去2年間に開催された西洋美術に関する展覧会などの中から西洋美術の理解、文化交流の促進、研究発展に対して優れた活動を表彰するものです。鹿島美術財団の平時の活動と助成を通じて「クラーナハ展―500年後の誘惑」の実現に寄与したことで、文化振興賞に選定されました。

財団の活動は、国内外の若手・中堅の美術研究者を主な対象として、美術に関する調査研究助成のほか、出版援助、国際交流援助、美術普及振興を行っており、その活動実績はこれまでに約2,370件、総額約19億2000万円にのぼっています(2017年度現在)。

図版:文化庁創立50周年記念表彰の表彰状

文化庁創立50周年記念表彰の表彰状

図版:西洋美術振興財団賞・文化振興賞の記念トロフィー

西洋美術振興財団賞・文化振興賞の記念トロフィー
(作者:福田繁雄/作品名:5次元のヴィーナス)

ページの先頭へ

改ページ

CSRトピックス インデックス

  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015

関連情報

ホーム > CSR > CSRトピックス

ページの先頭へ