審査委員

酒井忠康(美術評論家)

1941

北海道生まれ

1964

慶應義塾大学文学部美学美術史科卒業

神奈川県立近代美術館に勤務

1992~2004.3

神奈川県立近代美術館館長

2004

世田谷美術館館長

全国美術館会議理事、美術館連絡会議理事長を務める

東西の近代美術史を専門に研究するかたわら、現代美術の評論活動を行う

国際美術評論家連盟会員

1986、1988

ヴェネチア・ビエンナーレ展コミッショナー

1989、1991

サンパウロ・ビエンナーレ展キュレーター

1996

サンパウロ・ビエンナーレ展特別展キュレーター

主要著書のうち幕末明治初期の美術史を書いた『海の鎖』は第1回サントリー学芸賞(1979年)を受賞
(再版=青幻舎)

現代彫刻評論集としては『彫刻の庭』『魂の樹』『森の掟』『彫刻の絆』(いずれも小沢書店)
『彫刻家への手紙』『彫刻家との対話』(未知谷)『若林奮=犬になった彫刻家』(みすず書房)などがある