鹿島の環境共生技術
テクニカルノート:
ビオトープ計画支援システムの開発
ビオトープをつくろう!

みなさん,ビオトープってご存知ですか?
ビオトープとは様々な生物が自然に生息できる環境(生態系)を備えた空間を言い,それにより市街地や集合住宅にも野生生物の生息環境を創り出すことができるものです。
当社ではこれまで生物学的見地からもビオトープの研究を行い,ビオトープ創出の様々な実績を残してきました。
そして今回,これまでのビオトープ施工事例や要素技術,動植物の情報などをデータベースとしてCD-ROMと小冊子にまとめ,各現場での環境配慮から具体的な営業提案まで環境共生を具体的に行えるよう整備しました。
今月のテクニカルノートでは,現場や学校,大規模開発事業などでのビオトープ創出を支援する新しいツールを紹介します。



イラスト



●ビオトープデータベース

 環境への配慮がますます求められる近年の建設業。現場周辺の環境保全はもちろん,身近な動植物を呼び戻すビオトープを現場内につくる動きがあちこちで見られます。今回,これまで社内関連部署でそれぞれの分野の専門家が保有していた動植物の生息環境に関する情報や施工事例などの情報をデータベースとしてまとめ,パソコンで簡単に検索できるCD-ROMを作成しました。
 具体的には,「動植物など生物種の生態に関する情報」,「ビオトープ創出に役立つアイディア・要素技術」,「ビオトープ環境配慮施工例」の3つのデータベースで構成されています。ビオトープ計画の営業段階で迅速に計画検討できる支援ツールとして利用していく他,社員のスキルアップ・情報提供にも利用する方針です。今後もデータの拡充を行いながら自然環境配慮施設やビオトープ施設などに関する営業・計画・施工の支援ツールとして積極的に活用していくことにしています。

ビオトープデータベース(CD-ROM)と小冊子
ビオトープデータベース(CD-ROM)と小冊子



●小冊子「現場で出来る簡単ビオトープ」

 データベースと併せて,小冊子「現場で出来る簡単ビオトープ」を作成しました。これは簡単に作れるビオトープの考え方や事例をわかりやすくまとめたもので,現場などのちょっとした空間に,蝶の来る花畑やトンボが集まる池,鳥を呼ぶ仕掛けなどをつくる際のヒントがイラストでわかりやすく解説されています。社員に対してビオトープ創出に必要な情報を提供し,現場を環境創造の拠点としていくためのノウハウ集としてはもちろん,学校や工場,集合住宅など,様々な場所でのビオトープ創出に適用できるため,ビオトープに関心を持つ学校や企業,周辺住民にも配布していく方針です。


小冊子ではビオトープをつくるヒントがわかりやすいイラストで解説されている
小冊子ではビオトープをつくるヒントがわかりやすいイラストで解説されている


データベースの画面例
データベースの画面例
パソコン上でキーワードを入力すると,写真や図入りの関連データが
簡単に引き出せ,施工方法や留意点,担当者の連絡先が表示される



●様々な場面でのビオトープ創出を支援します

 現在データベースには150件ほどの内容を盛り込んでおり,今後も更に充足させていく計画です。単に生態系の解説でなく,ビオトープを創出することを目的としたデータベースは国内でもあまり例がありません。当社はこれまでガーデンプラザ新検見川(千葉市)やドーミー柴崎(東京都調布市),当間高原リゾート・ベルナティオ(新潟県十日町市)などでビオトープ創出の豊富な実績を持っています。自然環境の調査・復元・創出の要望に迅速に応じるために,今後も社内環境関連部署の連携を深めて,環境保全への取組みを強化していきます。


ガーデンプラザ新検見川のビオトープ
ガーデンプラザ新検見川のビオトープ