Highlights

Highlights 竣工のとき
神奈川工科大学KAIT工房
――創作意欲を掻き立てる空間
神奈川県厚木市にある神奈川工科大学のキャンパスに,ユニークなものづくり空間が誕生した。約2,000m2の透明な大空間は,305本の白い柱によってランダムに区切られ,様々なアトリエ空間を創出する。学生たちは自由にここを訪れ,好きな場所で好きなものを制作する。
「KAIT工房」は,ものづくりに対する夢や希望をかなえる場所である。
夕景。照明によって浮き立つ躯体が美しい Photo:Takaya Yagyu

南東側からの外観。木々がガラスカーテンウォールに映り込む

【建物概要】
場所:神奈川県厚木市/発注者:学校法人 幾徳学園/設計:石上純也建築設計事務所/規模:S造 1F 延べ1,989m2/2008年1月竣工(横浜支店施工)
太さや向きの違う柱が林立し,森の木立のような印象を受ける 学内で使用されていた古い実験台は作業机として再利用された