[2006/11/13]


鹿島、学校経営コンサルティング営業を強化

学校経営に関する事業収支シミュレーションソフト等を整備

 鹿島(社長:中村満義)は、学校経営コンサルティング営業を強化し、防災・地震対策等ハード面の対応に止まらず、学生確保や資産効率化など学校経営者が抱えるさまざまな課題の解決を多面的にサポートします。
 当社では、1996年に「学校教育チーム」を立ち上げ、営業部門、設計部門、開発部門など部署横断的なタスクチームを編成し、戦略的な営業活動を続けてきました。設立から10年が経過し、この10年間で700件を超える学校教育施設の施工実績が蓄積されています。

 当社では、制震・免震など地震対策技術で多くの学校施設の建設を手がけるとともに、近年では、短工期の居ながら耐震補強工法である「パラレル構法」を開発、多くの実績をあげています。
 また、近年では、社会情勢の変化や歯止めのかからない少子化に伴い、学校経営も多角化を余儀なくされています。当社では、少子化や生涯教育、建て替えに伴うテナント誘致、産学連携など近年の学校経営の事業の多角化に対応して、学校経営者をサポートするためにコンサルティング業務を手がけています。
 一方、国立大学法人の資産効率化や学校教育施設PFIなどの、国公立学校への民間資金活用プロジェクトにおいても、注力分野として、積極的に事業提案を行っています。

 当社では、学校経営の多角化に対応して、「学校経営シミュレーションシステム」を整備し、学校経営者の事業計画のコンサルティングを行います。例えば、定期借地権を活用した建て替え事業の立案や施設整備、SPCを用いた建物運営方式の提案及び支援、将来の維持管理計画など、長期にわたる学校経営への影響を本シミュレーションシステムで評価、提案することができます。また、長期に亘る事業収支を簡易に計算できる事業収支シミュレーションシステムを用いて学校経営者を支援します。こうした経営シミュレーションのメニューは幼稚園、小学校、中学校、高等学校、短大、大学、専門学校と揃えています。更に、大学の学部・学科新設に対するコンサル・支援業務も手がけています。

 鹿島では、11月15日(水)から17日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される
「第5回学校・教育施設展2006」に出展します。
 「安全・安心・安定 トリプルA の新しい学校づくり」をテーマに、地震を中心としたリスクマネジメント対策技術や省エネルギーに配慮した学校の事例、学校経営をサポートするコンサルティング事例などをご紹介します。是非ご来場ください。


プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。