ホーム > 企業情報 > 沿革 > 昭和初期

昭和初期

1930 資本金300万円をもって株式会社鹿島組に組織変更。
上野駅本屋着工。
1938 鹿島精一会長、鹿島守之助社長が就任。
1945 戦災復旧工事、駐留軍工事はじまる。
1947 社名を鹿島建設株式会社に変更。
1949 建設業界初の研究所、鹿島建設技術研究所を設立。
1950 沖縄工事において米国モリソン=クヌードセン社と提携、我が国でのジョイント・ベンチャー方式に先鞭。
1952 日本初のアーチダム、九州電力上椎葉ダム着工。
1954 ビルマ、バルーチャン発電所工事着工。これを契機として海外工事に進出。
1957 鹿島守之助社長の国務大臣就任に伴い、鹿島卯女が五代目社長に就任。
日本初の原子炉、日本原子力研究所第一号原子炉が完成。
1961 東京、大阪証券取引所に上場し、株式を一般に公開。

ページのトップへ戻る

ホーム > 企業情報 > 沿革 > 昭和初期

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ