ONE DAY SCHEDULE

  • 8:30

    出社
    まずはメールチェックからはじめ、
    1日の予定を確認。
  • 10:00

    実験
    現在は縮小模型を対象とした載荷実験を行っている。
  • 13:00

    実験
    昼食後、午前中と同じ実験を引き続き行う。
  • 17:00

    データ整理と準備
    当日の実験データの整理や次の日に
    実験が続く場合の準備。
  • 19:00

    退社
    実験の種類やデータ整理の量により、
    ときどき退社が遅くなることも。

01

仕事内容

解決すべき課題があってこその研究。
自分の研究が社会の役に立つことが大きなやりがい。

私は現在、技術研究所に所属しており、コンクリートの構造や、材料の研究開発を行っています。コンクリート構造物の耐震性や施工の合理化に向けて、さまざまな仮説を立案、そして実大規模の構造物から縮小模型を使い実験を行って、検証を繰り返すことで、会社の技術力とノウハウを高めていきます。このような基礎研究を行うと同時に、現場から上がってくる課題を解決し支援を行うという、ゼネコンでの研究部門として重要な役割があります。このように、自分が研究開発を通じて培ったコンクリートの知識と技術が、多くの現場の役に立ち、形となって、人々のよりよい生活に貢献できる。この仕事にやりがいを感じています。

業界をリードする最高峰の研究所の一員として、あらゆる要請に対応できるよう成長していきたい。

技術研究所には、毎日現場からの相談が寄せられます。「施工の都合で設計を変更したいが、構造として問題はないか」、「施工中に不具合が生じたが、どのように対処すればよいか」。そうした時には技術研究所の社員が現場に赴き、状況を調査したうえで対処策を提案します。私に求められるのは、対応策とその根拠。現場は待ったなし、緊迫した状況であることが多いので、素早い判断が重要です。入社3年目の私は、先輩社員のもとで日々勉強中ですが、業界最高峰の技術研究所の一員としてふさわしい技術者になるため、経験を積み重ね、スキルを磨き、現場からのあらゆる要請に対し、理論的な裏付けに基づいた正しい対応策を提案できる実力を身につけたいです。

02

入社の動機

先輩社員との出会いやインターンシップを通じ、鹿島の魅力に触れ、自然と入社を志した。

大学院では、コンクリートの乾燥による収縮や、クリープによる変形などを研究していました。就職活動で検討していたのは、ゼネコンのほか、官公庁や鉄道、道路会社など。鹿島への入社の決め手になったのは、OB訪問やインターンシップなどで出会った先輩社員が、とても親切だったことと、仕事に誇りをもっている様子が眩しく感じられたこと。気づいたときには、「この会社で働きたい」と思うようになっていました。

03

今後の目標

自分なりの成果を積み重ね、周囲を助け、リードできる存在を目指す。

これまで私が手掛けてきたのは、上司や先輩が立てた仮説を実証するための実験の準備を行い、実験結果を測定することが中心。自分が主幹となって解決策を導き出すような研究を行った経験は、まだありません。今後は、自分の仮説を立証していくような実験にも携わっていくことで、知識と経験を積み重ね、「あの人がいたから素晴らしい品質の構造物をつくることができた」と言われるようになりたいですね。

04

休日の過ごし方

結婚を機に、ライフスタイルも変化。
趣味の時間を大切にしながら、自分らしい暮らしを楽しむ。

最近、結婚したばかり。独身時代は会社の同僚とおいしいものを食べに行ったり、ドライブしたりすることが多かったのですが、家庭を持ったことでライフスタイルが変化しつつあります。趣味は学生時代から続けている写真撮影。旅先に愛用のカメラを持って行き、風景や土木構造物などを撮影するのが好きです。

05

鹿島の社風

学生時代との一番の違いは、地に足のついた研究が求められること。

「現場で施工管理の仕事がしたい」と思い入社したものの、配属されたのは技術研究所。「きっと大学の研究室の延長のような仕事なのだろう」と勝手な想像をしていました。しかし、実際の実験に参加してみると、とにかく規模が大きいうえ、現場が結果を待っているため、迅速さが命!自分が関わる研究が会社の利益に直結するという緊張感があり、責任も重大ですが、本当にやりがいのある仕事だと感じています。

玉野慶吾

学生へのメッセージ

技術者として本当に成長できるのは、会社に入ってからです。学生時代はその基礎をつくるための期間だと思って、勉強も遊びも、精一杯やっておいてください。

MESSAGE

※原稿は取材当時のものです。