ONE DAY SCHEDULE

  • 8:30

    出社
    1日の始まりはメールに
    目を通す
    ところから。
  • 10:00

    資料作成
    お客様への説明資料の作成や事業採算の検討を行う。
  • 12:00

    ランチ
    普段は社員食堂で簡単に。
    たまには
    同期や後輩と赤坂ランチへ。
  • 15:00

    打合せ
    社外でお客様と打合せ。
    綿密に準備した資料を
    提示し打合せを進める。
  • 18:00

    退社
    会社帰りには大学時代の友人と飲みに行ったり、同僚とフットサルをしたり平日でも気分転換を大切に。

01

仕事内容

自社の設計・施工部門と連携して、企画段階から詳細なプランを提案できるのが鹿島の強み。

一般的なゼネコンのイメージが、設計・施工部門を主とする建物などの「ものづくり」であるとすれば、私が所属する開発事業本部の仕事は建物を軸とした「まちづくり」と言えるでしょう。土地の取得から活用法の企画立案、設計・施工の工程管理、さらに物件完成後には、オフィスであればテナント賃貸管理、住宅であれば分譲までと業務は多岐にわたります。その中で、私は再開発のプロジェクトを主に担当しています。主な仕事は、地権者の方々に再開発後の業務や生活の在り方について提案したり、開発に関する許認可を行政と協議することです。私たちのミッションは、土地や建物に関するさまざまな法的制約の中で、いかに新しい価値を創造できるか。いかに地権者をはじめ行政・周辺住民の方々といったステークホルダーのメリットを最大化できるかがポイントです。鹿島の開発における強みは、自社施工による安全性や品質の高さはもちろん、開発の企画段階から施工までを見据えた詳細なプランを提示できることです。これこそ不動産デベロッパーではなく、ゼネコンならではの開発計画に携われる面白さだと思います。

「鹿島だからこそ」実行できるアイデアと計画、そこに誠実な想いを重ねることが、成功の秘訣。

現在、私が担当するプロジェクトの一つは、首都圏主要駅の駅前再開発。十数棟のビルを取り壊し、数千平米の土地に大型ビルを新設する計画が進行中です。この計画における課題は、既存のビルが有していたオフィス、住居、店舗といった機能を更新しながら、いかに新たな機能や価値を生み出すかということ。その手法は、新たな住宅の整備や公園、劇場の設置など、まさに多種多様。これらについて地権者の皆さんと直接話し合う協議会を定期的に設け、運営することも重要な仕事です。個人オーナーや企業など、立場や価値観の違う地権者の方々の意見をまとめることは簡単ではありません。大手不動産デベロッパーの場合、自社ブランドのマンションや商業施設を規格化した提案も多いですが、鹿島はその土地や地権者の方々に合わせて柔軟にプランを練り、オンリーワンの施設を提案する点にこだわります。「魅力的な街をつくりたい」という誠実な想いと、鹿島だからこそ打ち出せるアイデアと実行力を持って向き合えば、必ずうまくいくと信じ取り組んでいます。

02

入社の動機

人々の暮らしを守れる確かな技術がある、大手ゼネコンで開発の仕事をしたかった。

もともと建築に興味があり、経済、交通、歴史や地質などさまざまな要因が絡み合って成立していく「都市」自体に興味を持つように。その中で、人々のよりよい暮らしを創造し、都市を形づくっていく仕事にひかれました。不動産デベロッパーでなく、ゼネコンの鹿島で開発の仕事をしたいと思ったきっかけの一つは、東日本大震災です。就職活動の最中に大震災を経験し、被災地の倒壊した建物の映像を見て、街をつくるなら安全な暮らしを守れる確かな技術がある会社で取組みたいと考えました。

03

今後の目標

複数の企業と共同で行うような、大規模なプロジェクトを指揮したい。

現在も大きなプロジェクトに関わることができていますが、今後はプロジェクトの規模ではなく数にこだわり、現場レベルや実務レベルで建築や不動産の多種多様な知識や経験を増やしていきたいですね。例えば、設計図を見て瞬時に構造面や機能面の問題点に気づけるようになりたい。そして、さまざまな経験を積んで、将来的には多数の企業とコンソーシアムを組んで行うより大規模なプロジェクトを指揮できるようになるのが目標です。

04

休日の過ごし方

学生時代からの趣味は旅行。
入社後も長期休暇にアジア各地をエンジョイ。

学生時代から旅行が好きで、南北アメリカや東西ヨーロッパ、アジア各地を旅してきました。社会人になった今もまとまった休みが取れるときは、同僚や学生時代の仲間と誘い合って旅行をよくしています。会社の同僚とは、シンガポール、上海、カンボジアに加えて、北海道や九州も満喫してきました。また、学生時代の仲間とフットサルチームをつくり、大会に出場したりもしています。最近は、一人でできる気分転換の趣味として、サイクリングもはじめて楽しんでいます。

05

鹿島の社風

仕事上もアフターファイブも、とにかく風通しの良い社風に驚き!

入社前に先輩から風通しの良い会社だとは聞いていましたが、実際入社してみると、自分の想像以上でした。年齢や入社年次に関係なく若手の意見をどんどん採り入れてもらえますし、逆に言えば若手のうちから自分の意見を持つことが求められる環境です。アフターファイブも、アルコールが得意ではない私ですが、部署、若手、フットサル、沿線仲間等のさまざまな飲み会に毎回楽しく参加させてもらっています。

戸叶洋道

学生へのメッセージ

これからの都市開発のキーワードは「グローバル化」です。グローバル企業や外国人観光客を誘致し、海外からの投資を呼び込めるような魅力的な都市を一緒につくっていきましょう!

MESSAGE

※原稿は取材当時のものです。