完成イメージ

愛知県常滑市の市庁舎は、昭和44年に建設されて以降、市⺠の皆さまの⽣活と安全・安⼼を⽀えてきましたが、耐震性能が不⾜することや浸⽔や液状化の恐れがあることから、災害時の復旧復興拠点機能などを備えた新市庁舎を⾼台へ整備することになりました。

令和2年1月から鹿島・東海エコン・マルタケ特定建設工事共同企業体にて進めてきた新市庁舎建設工事は令和3年3⽉末に完成しました。4月以降は外構・植栽工事や什器家具の調達、移転準備などが行われ、新市庁舎での業務は令和4年1月4日(火)から開始予定です。

Information

ページの先頭へ