神流川発電所

神流川発電所(かんながわはつでんしょ)

竣工年:2005年
場所:群馬県
発注者:東京電力

工事概要

長野県信濃川水系南相木川に上部調整池を、群馬県利根川水系神流川に下部調整池を設け、有効落差653mを利用して、6基の発電機により最大出力2,820MWの発電を行うための空洞とそれに連絡する周辺トンネルを建設したものです。2県2水系にまたがる大規模な純揚水式発電所で、発電機は地下500mの空洞に設置されています。

工事諸元

発電所本体空洞 高さ52m×幅33m×長さ216m、
周辺トンネル総延長5,700m など

他の写真をみる