雁峰第一トンネル

雁峰第一トンネル
(がんぽうだいいちとんねる)

竣工年:2015年
場所:愛知県
発注者:中日本高速道路

工事概要

愛知県新城市に位置する新東名高速道路の雁峰第一トンネル(工事名:徳定トンネル工事)では、上下線2本のトンネル(延長1,172m)をNATMにより施工しました。覆工コンクリート工事では、二つのセントルにより養生期間を延長し、コンクリートの品質を向上させるツインアーチフォーム(TAF)工法を採用し、覆工コンクリートの品質向上を図りました。

工事諸元

NATM 総延長1,457m、
施工延長1,172m(上り線582m,下り線590m)
幅員10.6m、内空断面積72m2、土工量439,000m3 
橋梁下部工:橋台5基 橋脚1基 ほか

他の写真をみる