北海道新幹線 函館総合車両基地

北海道新幹線 函館総合車両基地

竣工年:2016年
場所:北海道
発注者:鉄道建設・運輸施設整備支援機構

工事概要

函館総合車両基地は、北海道新幹線の新幹線車両の工場設備も合わせた唯一の総合車両基地です。本線、JR函館本線、新川排水路に囲まれた扇状の傾斜した敷地に最大2.2mの盛土を造成しました。基礎地盤は泥炭性軟弱地盤であり、圧密沈下対策としてプレローディング工法やバーチカルドレーン工法が採用されました。
路盤整備に続き、停車場工作物(仕業交番検査庫や全般検査庫等の検修ピット、機械設備基礎、土間コン、サービスデッキ、基地内給排水管)の構築も手掛けました。

工事諸元

敷地面積約36ha、既成杭工3,925本、
コンクリート工36,176m3、構内舗装工50,740m2
直結軌道敷設工6,017m、H鋼桁工3,482m、
給排水設備工一式、電気設備工一式

他の写真をみる