女川まちづくり事業

女川まちづくり事業

平成27年度 土木学会賞 技術賞(Ⅰグループ)

竣工年:2019年(予定)
場所:宮城県
事業者:女川町
発注者:独立行政法人 都市再生機構

工事概要

2011年3月11日の東日本大震災の津波により、宮城県女川町は甚大な被害を受け、住宅や町の基幹産業である漁業施設の多くを失いました。復興まちづくりは高台の住宅地整備と漁業関連基盤整備の2つを柱として、広範囲に及んでいます。女川町から委託を受けた都市再生機構(UR)は、復興事業のスピードアップを図るため、新しい契約方式であるコンストラクションマネジメント(CM)方式を取り入れました。鹿島JVは、2012年にCM方式による復興事業第1号である女川まちづくり事業を受注し、急ピッチでまちづくりを進めています。市街地中心部と離半島部で大規模な造成工事が進み、新たなまちが生まれつつあります。

工事諸元

中心市街地約222ha、離半島部14地区約55ha

他の写真をみる