鹿島技術とサービス

ホーム
集合住宅
主要技術・サービス実施例関連リンクお問い合わせ












超高層フリープランハウジング
柱も梁もない住まい
鹿島の建設技術および独自のノウハウを結集させることで誕生した、超高層フリープランハウジング。構造躯体の集約化・分散化の2方向の構造システムと堅設備配管スペースの共用部設置などSI化に対応して居住空間の自由性を具体化する「100年住宅」の基本となっており、様々な平面系と面積を可能としています。地震や強風に対するしっかりとした強さを確保しながらも、生活空間から柱・梁を取り除けるのが特長で、「実質面積がより広くなる」「家具を配置しやすい」「大きな窓を取り付けやすい」などのメリットが生まれ、お部屋の演出やレイアウトを思う存分に楽しめます。

超高層フリープランハウジングを実現する様々な構法

スーパーRCフレーム構法
スーパーRCフレーム構法の建物の骨組みは、壁状の大きな柱「スーパーウォール」、大きな梁「スーパービーム」、制振装置で梁とつながる「コネクティング柱」という3つの要素で構成されます。建物の重量は中央のスーパーウォールが効果的に受け止めるので、生活空間から柱が消え、広々とした空間に。床はスーパーウォールと外周部の柱でガッチリと支えられており、梁も必要ありません。
従来のラーメン構造
従来のラーメン構造
スーパーRCフレーム構法
スーパーRCフレーム構法
スーパーRCフレーム構法の骨組み
スーパーRCフレーム構法の骨組み

ニューRCダブルチューブ構造
集合住宅としては、鹿島が日本ではじめて採用したニューRCダブルチューブ構造。柱・梁を建物の外周部および内周部に集中させることで、開放的かつプランニング自由度の高い生活空間を実現します。さらに、「外周部の柱のスパンを大きくとれる」「コーナー部の柱を取り除ける」といったメリットもあり、超高層マンションならではの見晴らしのよさが一段と高まります。
一般的な超高層マンションの例(ラーメン構造)
一般的な超高層マンションの例(ラーメン構造)
ニューRCダブルチューブ構造
ニューRCダブルチューブ構造

構法・構造の組合わせ
超高層マンションが建設される敷地は、すべてが同じ条件ではありません。面積や形状をはじめ、地質状況や主風向など、さまざまな条件を考慮した上で、その敷地に適した建物形状や構法・構造が選択されます。これまであった構法・構造に加え、最近ではそれらをいくつか組み合わせた“ハイブリッド”な手法も見られるようになってきました。
高い耐震性・可変性の確保(コアウォール+ダブルチューブ)
建物のエレベータ廻りを高強度コンクリートで構築し、“芯棒”として機能させる「コアウォール構法」。建物の外周部および内周部に、“ロ”の字状に梁・柱のラーメン架構を構築する「ダブルチューブ構造」。この2つを組み合わせることで、建物の耐震性をより高いレベルで確保します。
白金タワーの構造概念図 白金タワー 居室イメージ
コアウォール+ダブルチューブの例(白金タワーの構造概念図/居室イメージ)
放射方向に梁が出ない構造のため、リニューアルしやすい空間となっています。
板状型への応用(スーパーRC+HiRC)
スーパーウォール、スーパービーム、コネクティング柱という3つで基本的な骨組みがつくられる「スーパーRCフレーム構法」。高強度コンクリートおよび高強度鉄筋を効果的に使用する「HiRC構法」。この2つを組み合わせることで、従来は不可能とされていた板状型の超高層マンションを実現します。
スーパーRC+HiRCの例
スーパーRC+HiRCの例(プラザタワー勝どきの構造概念図)
ページの先頭へ

広い実質面積と容積
室内の面積は、壁や柱の中心からの寸法で計算する「壁芯計算」が一般的です。つまり、柱・梁のでっぱりがあるとそれだけ実質面積との差は大きくなります。こうした理由でムダになってしまう面積の割合は、多い場合で7〜8%にまで達するそうです。生活空間をフラットにできる超高層フリープランハウジングは、柱・梁がなく実質容積も大幅にアップ。柱・梁のでっぱりを気にせず、スッキリと家具を配置できます。
超高層フリープランハウジング
超高層フリープランハウジング
採光のよい天井までの大きな窓も可能
背の高い家具で収納力アップ
家具の配置が自由なすっきりした隅部
壁位置に制限がなく撤去も移動も自由

一般的な超高層住宅 
一般的な超高層住宅
壁位置を制限する大きい梁
室内の実質面積を狭める太い柱
窓の高さは梁までが限界
梁に制限される家具サイズ
隅に置けない柱の出っ張り
水場レイアウトを制限する段差スラブ

実施例 ページの先頭へ

鹿島 ホーム会社情報IR情報お知らせ技術とサービスプロジェクト紹介

サイトマップ | リンク | ENGLISH |
All rights reserved, Copyright(c) 1995-2008 KAJIMA CORPORATION