技研ホーム > 技術研究所について > 技術研究所の歩み > 守之助社長の理念に基づいて(1949~1956年)

守之助社長の理念に基づいて(1949~1956年)

技術研究所の誕生

技術研究所は、業界団体・日本土木建築統制組合が戦時中の1945年6月に設立した財団法人建設技術研究所を母体にしている。終戦を迎え、進駐軍の占領政策で統制組合は解散、経営難に直面した財団法人を、当時の鹿島守之助社長の決断でこれを継承し、1949年4月、鹿島建設技術研究所が誕生した。

守之助社長の「不断の研究と創造が社会に進歩と繁栄をもたらす」との確固とした理念に基づいたもので、これがゼネコン初の技術研究所誕生となった。一方、同業他社が技術研究所をつくりはじめるのは、これよりずっとあとになってからである。

鹿島守之助社長が鹿島建設技術研究所の初代所長を兼任し、東京都中央区の永代橋ぎわの5階建てビルにおいて業務を開始した。いち早く研究に取り組んだのが、「土質」と「コンクリート」であった。

初代所長 鹿島守之助の写真

初代所長 鹿島守之助

永代橋近くに創立された技術研究所(1949年)

永代橋近くに創立された
技術研究所(1949年)

技術研究所が携わった主要プロジェクト

九州電力上椎葉ダム

九州電力上椎葉ダム
(1955年竣工)

山王海ダム

山王海ダム
(1952年竣工)

奥只見ダム

奥只見ダム
(1960年竣工)

日本原子力研究所第一号原子炉

日本原子力研究所
第一号原子炉(1957年竣工)

主要研究開発

1950年
  • 土質試験法
  • コンクリート材料
1952年
  • 仕上材料
  • 人造骨材
1953年
  • ダムコンクリート
1954年
  • 騒音の研究
1956年
  • 放射線遮蔽コンクリート
  • 録音スタジオの設計

技研ホーム > 技術研究所について > 技術研究所の歩み > 守之助社長の理念に基づいて(1949~1956年)

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ