技研ホーム > 技術研究所について > 技術研究所の歩み > 研究所の機能を拡大する(1984~2008年)

研究所の機能を拡大する(1984~2008年)

西調布実験場の開設

技術研究所創立40年を前にした1984年、技術研究所の機能を拡大し、その研究成果をより一層向上させるため、飛田給から約2km離れた調布市多摩川に西調布実験場(敷地面積約21,800m2)を開設した。

大型構造実験棟では、原子力施設や長大橋、海洋構造物、超高層ビルなどの土木、建築構造物の設計用基礎データや、計算では求められない耐震性状を実験的に把握している。
環境工学実験棟には、遮音性能、吸音性能、反射性能などを検証する残響室、音楽ホールなどの音響状態のシミュレーションや音響機器の特性を検証する無響室が設けられている。
建物を丸ごと展示物にした展示実験棟は、訪れた顧客に実際に眼で見て体験していただくことで営業に威力を発揮している。また、建物中央部に設けられた屋上までの吹き抜けは、当時としては斬新なものであり、各種のデータを取ることで、KIビル吹き抜けの設計に役立てられた。
施工・防災実験棟では、合理的で安全な施工技術と総合的な防災技術の開発を目的とした諸実験ができる。
振動実験棟には、水平2方向と垂直方向の3軸加振が可能な3次元6自由度振動台が設置され、地震防災研究に貢献している。
土質・基礎実験棟には、遠心模型実験装置が設置され、地盤の液状化対策工法やトンネルの安定化工法の開発などに活躍している。
風洞実験棟には、全周121.9mに及ぶドーナツ型の大型境界層風洞をはじめ、汎用境界層風洞、可視化風洞が設置され、耐風設計、ビル風対策、風切り音対策、大気飛散などの研究や環境アセスメントに活用されている。

震災特別研究の公開実験

震災特別研究の公開実験
(1995年)

秋葉原サテライトラボ開設

秋葉原サテライトラボ開設
(2005年)

技術研究所が携わった主要プロジェクト

南北備讃瀬戸大橋

南備讃瀬戸大橋
(1988年開通)

横浜市北部第二処理場PC卵形消化槽

横浜市北部第二処理場
PC卵形消化槽(1983年竣工)

埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002
(2001年竣工)

ザ・シーン城北

ザ・シーン城北
(1996年竣工)

フジテレビ本社ビル

フジテレビ本社ビル
(1996年竣工)

あきたスカイドーム

あきたスカイドーム
(1990年竣工)

東京湾アクアライン

東京湾アクアライン
(1997年開通)

別府明礬橋

別府明礬橋
(1989年竣工)

長野市オリンピック記念アリーナ エムウェーブ

長野市オリンピック
記念アリーナ エムウェーブ
(1997年竣工)

池田へそっ湖大橋

池田へそっ湖大橋
(2000年竣工)

大賀ホール

大賀ホール
(2005年竣工)

小丸川発電所上部調整池

小丸川発電所上部調整池
(2006年竣工)

主要研究開発

1984年
  • 卵型消化槽撹拌技術
1985年
  • 高強度コンクリート
1986年
  • 制震構法
  • 有機性廃棄物処理システム
1987年
  • 免震床システム
  • 大空間空調シミュレーションプログラム
  • 緑化基盤改善技術
1989年
  • KMスマート工法
  • アトリウムの防災計画手法
1990年
  • ビオトープ創生技術
1991年
  • 高強度CFT構法
  • New HiRC工法
1992年
  • 高流動コンクリート
  • 全自動建築生産システム
1993年
  • 汚染土壌浄化技術
  • コンクリート構造物のリニューアル技術
1994年
  • 縦二連シールド工法
  • KAJIMA Windの開発
  • アクティブ騒音制御技術
1995年
  • 耐震補強工法
1996年
  • スーパーRCフレーム構法
1997年
  • 電磁波吸収シールド工法
1998年
  • 居ながら免震構法
1999年
  • 水域環境シミュレーションシステム
  • 光高反射・熱高反射塗料
2000年
  • 高靭性繊維補強セメント
2001年
  • 環境配慮型ポーラスコンクリート
2002年
  • 三次元IT建設生産システム
2003年
  • 開放型磁気シールド
2004年
  • 新潟中越地震被災調査
  • 剛壁面補強土擁壁工法
  • 立体音響システム
2005年
  • リアルタイム防災システム
2006年
  • 超高強度コンクリート「サクセム」
  • 炭酸化コンクリート(EIEN)
  • バーティカル・グリーン・システム
2007年
  • BCP支援技術

技研ホーム > 技術研究所について > 技術研究所の歩み > 研究所の機能を拡大する(1984~2008年)

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ