技研ホーム > 技術研究所について > 鹿島技術研究所 本館 施設紹介

鹿島技術研究所 本館 施設紹介

常に進化し続ける最先端研究開発拠点として

鹿島技術研究所 本館は、「知識創造」「技術の鹿島」「地域と共に」をコンセプトに、社会や顧客に還元できる最先端技術を生み出す研究開発拠点です。最新鋭の研究施設を備え、次世代建設市場に対応した技術を創造することでお客様のニーズに応えるとともに、常に進化し続けていきます。

知識創造

多様化する研究者のワークスタイルにフレキシブルに対応し、集中と協働を両立させた「次世代ワークプレイス」の実現を目指しています。

技術の鹿島

開発技術の中から厳選した技術を適用。将来にわたり実証・評価を行う「技術を飛躍させる場」であるとともに、技術の「ライブショーケース」としてご覧いただけます。

地域と共に

生物多様性に配慮し、地域生態系を保全しています。武蔵野の森と多摩川の水を継承し、地域環境との調和により、社会に、地域に貢献していきます。

鹿島技術研究所 本館 イラストマップ

図版:研究棟外観

研究棟外観

図版:実験棟外観

実験棟外観

改ページ

第5回 サステナブル建築賞・国土交通大臣賞, 平成25年環境デザイン賞 日本騒音制御工学会,
第51回 空気調和・衛生工学会賞, 第25回 日経ニューオフィス推進賞<環境賞>

国内過去最高の環境性能評価を獲得(竣工時)

研究棟は、CASBEE2010年版でSランクの第三者認証を取得。環境効率を表わすBEE値では過去最高値の8.3を獲得しました。

この認証制度は、建築物の環境性能を公的に評価・格付するものです。省エネ・省資源・リサイクル性能のような環境負荷低減とともに、室内の快適性や景観への配慮といった環境品質・周辺環境への影響も含めた建築環境性能の総合評価制度です。

環境を重視した地区整備計画、オフィス機能や知識創造環境を一から見直した合理的な内装・設備計画、明るさ感を演出したタスク・アンビエント照明、ダクトレス空調システムなど新技術の採用、さらには既存躯体を利用した再生骨材コンクリートや生物多様性の事前調査など、環境に最大限に配慮したことが評価されました。

図版:CASBEE

技研ホーム > 技術研究所について > 鹿島技術研究所 本館 施設紹介

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ