技研ホーム > 技術研究所について > 所長メッセージ

所長メッセージ

所長メッセージ

鹿島は1949年に建設業界初の技術研究所を設立して以来、常にお客様や社会の新たなニーズ に挑戦し、超高層、原子力、制震を初めとする数々の分野で新技術の開拓を行って参りました。技術研究所には、これらの歴史の中で培われた高い技術ポテンシャルと有能な人材、そして先達から受け継がれてきたパイオニア・スピリッツとチャレンジ精神があります。

東日本大震災などの大規模自然災害の発生、少子高齢化の進展、世界のグローバル化など、現在我々を取り巻く社会環境は大きく変化しています。そして「防災・滅災による安全・安心の確保」、「建造物のライフサイクルを考慮した低炭素社会・資源循環社会・自然共生社会の実現」、「建設生産の合理化・革新」など解決すべき課題は広範かつ多岐に亘ります。

これらの課題に対し、提供するインフラ、建物そしてサービスを通じて「お客様にとっての新たな価値を創造する」こと、そのための真のニーズを探り当て、ご要望以上の技術ソリューションを、スピード感をもってご提案していくことこそが我々の使命であると考えます。

我々は、今まで創造してきた先駆的な技術をさらに「深化」させると同時に、従来の建設技術の枠を取り去り、新たな「進化」を目指して参ります。これら変革の先頭に立って対応していくためには、自らの専門領域に境界を造らず、ICTやロボットなどの最先端技術分野とオープンな交流を図り、技術研究所に蓄積されたポテンシャルとの融合を進めることが不可欠です。

現在、鹿島では、これからの社会・経済状況の変化に適切に対応し、社業の発展と「持続可能な社会の建設」を目指して「中期経営計画」を策定・推進しています。技術研究所では、この事業戦略とベクトルを合わせながら、常に時代の最先端に挑戦するという鹿島のDNAを生かし、お客様からパートナーとして選んでいただくとともに、幅広く社会に貢献できるよう、我々の技術ポテンシャルを最大限に発揮していく所存です。

技術研究所長サイン

技研ホーム > 技術研究所について > 所長メッセージ

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ