技研ホーム > 技術研究所について > 活動概要

活動概要

技術研究所では、「研究開発」、「技術協力」、「教育普及」を3本柱として活動を行っています。

技術開発や新技術・新工法の水平展開、研究成果などの情報共有においては、社内関連部署と連携し、中心的な役割を果たしています。
また、お客様が長年にわたって安心してお使いになれるよう、構造物の設計・施工はもとより、確実に快適に機能するよう、技術的に支援しています。
社員への教育や学協会活動など、地域社会への貢献も重要な任務であるとし今後も活動を行ってまいります。

研究開発

  • 基盤研究開発 : 技術研究所が中心となりシーズ技術を基にした基盤技術の研究開発。
  • 部門技術開発 : 事業部門のニーズに基づいて、全社的なプロジェクトチームによる総合的な商品化技術の開発。
  • 共同研究 : 得意先を始めとする公的機関・他企業と共同で実施する研究開発。

技術協力

  • 社内技術協力 : 現業部門が直面している技術的問題点を早期に解決し、設計・施工の品質確保に寄与。
  • 社外技術協力 : 得意先を始めとする公的機関・他企業から依頼される研究課題を解決。

教育・普及

  • 技術系社員の研修
  • 研究報告会・各種講演会の実施
  • 研究開発成果の社内外への周知・PR

技研ホーム > 技術研究所について > 活動概要

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ