技研ホーム > 研究の概要 > 構造・耐震・制震(土木)

構造・耐震・制震(土木)

構造・耐震・制震(土木)イメージ

長年培われた技術力が新しい構造・工法を生み、地震に耐え、地震を制します。

地震国日本では、構造物のより確かな安全性が求められています。鹿島は、常に安全で合理的な新構造・工法の開発に挑戦し続けています。美観と合理性を追求した日本最大のプレストレストコンクリート斜張橋やコンクリートアーチ橋、FRP緊張材を用いた吊床版橋などに、それらの技術が生かされています。また、橋梁の免震化や耐震補強といった、地震対策関連技術にも積極的に取組んでいます。

高強度鉄筋を用いた高橋脚「スーパーRC橋脚」

高強度鉄筋を用いた高橋脚「スーパーRC橋脚」

鋼・コンクリート複合トラス橋

鋼・コンクリート複合トラス橋

超高強度コンクリート「サクセム」製床版の性能確認実験

超高強度コンクリート「サクセム」製床版の性能確認実験

複合構造主塔の耐荷力確認実験

複合構造主塔の
耐荷力確認実験

大型6自由度加力装置を用いた構造実験

大型6自由度加力装置を用いた構造実験

複合トラス橋格点部の性能確認実験

複合トラス橋格点部の性能確認実験

既設長大橋梁の耐震補強効果確認実験

既設長大橋梁の耐震補強効果確認実験

合成セグメントの性能確認実験

合成セグメントの性能確認実験

技研ホーム > 研究の概要 > 構造・耐震・制震(土木)

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ