技研ホーム > 研究の概要 > 実験施設:葉山水域環境実験場

実験施設:葉山水域環境実験場

実験施設:葉山水域環境実験場イメージ

水域環境を総合的に理解するために必要な研究を担当しています。
環境保全・再生・調和などに関する研究を行い、建設分野で培ってきた知見も生かして、環境共生ができる社会の実現を目指しています。

概要

葉山水域環境実験場(旧水産研究室) は、1984年に設立され、相模湾に面する壮大な自然に取り囲まれています。この実験場は、水域に係わる環境並びに資源の保全、再生と調和について、様々な技術研究開発に取り組むと共に、海洋研究、水族館、水産関連事業などの施設建設に関する計画なども行っています。また、当実験場の施設は研修などの教育の場としても利用されています。

設備

海水から淡水にいたる生物飼育に関して、飼育水の水温、水質、照度などの各種環境条件が設定できる研究設備を持ち、フィールド調査用の水質計測機器を備えています。

屋外実験スペース

屋外実験スペース
生物の生態に応じた様々な形の大型水槽を設置しています。

濾過槽・貯水槽

濾過槽・貯水槽
地先の海岸から毎時30トンの海水を取水し、砂濾過してから生物飼育に使用しています。

生物飼育実験室

生物飼育実験室
気温, 照度、湿度並びに水温の調整抑制ができる飼育設備を保有しています。

改ページ

研究活動

アマモ場の再生

アマモ場の再生

浅場の生物資源・生息環境の復元

浅場の生物資源・生息環境の復元

生物共生護岸の創造

生物共生護岸の創造

技研ホーム > 研究の概要 > 実験施設:葉山水域環境実験場

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ