技研ホーム > 研究の概要 > 実験施設:海洋・水理実験棟(平面水槽、マルチ造波水路、不規則波造波水路)

実験施設:海洋・水理実験棟(平面水槽、マルチ造波水路、不規則波造波水路)

実験施設:海洋・水理実験棟イメージ

これらの実験施設は、大水深化、高度化する水理構造物の設計、施工支援のために使用されています。自然に近い波を再現して、海洋開発に必要な建設技術を確立するための広範囲の実験を行っています。 本実験棟は、1975年に建設され、多方向不規則波造波装置や津波造波装置をはじめとする最新鋭の装置を導入し、国内建設業界では、随一の規模のものです。

主な実験施設

平面水槽

平面水槽

マルチ造波水路

マルチ造波水路

主要技術項目

  • 海洋構造物波力実験
  • 浮体の動揺・係留実験
  • 波浪制御実験
  • 海洋構造物地震応答実験
  • ダム・河川放水路実験
  • 臨海工場施設の取水・
    放水設備水理実験

波による作業船の動揺

波による作業船の動揺

改ページ

平面水槽

実験施設:平面水槽イメージ

海洋・水理実験棟の平面水槽には、2種類の造波装置(多方向不規則波造波装置、津波造波装置)が備わっており、実海域の波浪・津波を室内で精度良く再現できます。平面水槽の幅は20mに設定しています。

特徴

当装置を用いることにより、海岸・海洋での構造物の計画・設計・施工のあらゆる段階で、技術課題の実証的な解明が可能となります。

多方向不規則波造波装置

多方向不規則波造波装置

津波造波装置

津波造波装置

研究実績

多方向不規則波造波装置を用いた実験実績

多方向不規則波造波装置を用いた実験には、港内静穏度の計測、構造物に作用する波力の計測、浮体の動揺量の計測など幅広い実績があります。

港内静穏度

港内静穏度

沈埋函の水中曳航

沈埋函の水中曳航

津波造波装置を用いた実験実績

津波造波装置を用いた実験には、津波による船舶の漂流挙動、衝突力の計測、津波による砂移動量の計測など幅広い実績があります。

円筒構造物周辺の流況実験

円筒構造物周辺の流況実験

改ページ

マルチ造波水路・不規則波造波水路

実験施設:マルチ造波水路・不規則波造波水路イメージ

海洋・水理実験棟には2本の造波水路があり、小規模から大規模までの二次元水理実験に対応することができます。

特徴

マルチ造波水路には津波造波・環流装置が備わっており、水路内に津波や流れを発生できます。水路の側壁面には強化ガラスによる観測窓が設置されており、波の変形状況や構造物に波が作用する状況を詳細に観察可能です。

マルチ造波水路による造波状況

マルチ造波水路による造波状況

不規則波造波水路

不規則波造波水路

研究実績

マルチ造波水路を用いた実験実績

マルチ造波水路を用いると、構造物に作用する波力や越波量の計測など、幅広い二次元水理実験を行うことができます。

また、津波造波・環流装置を用いることにより、正弦波形はもちろん、任意波形の津波や一方向流れの実験も可能です。実験に用いる材料の数量、工期を抑え、比較的安価に二次元水理実験を行うことができるよう、マルチ造波水路の幅は1.2mに設定しています。

スリット護岸に作用する波力

スリット護岸に作用する波力

建築物に作用する津波波力

建築物に作用する津波波力

改ページ

不規則波造波水路を用いた実験実績

不規則波造波水路を用いた二次元水理実験には、消波ブロックの安定性確認や構造物に作用する波力、変位量の計測など、幅広い実績があります。

また、水路幅が2mと比較的広いので、小規模の構造物に対しては三次元的な水理実験を行うこともできます。さらに、造波板を変位制御でゆっくりと動かすことにより、任意の長周期の波を造波することができるので、津波実験を実施することも可能です。

消波ブロックの安定性

消波ブロックの安定性

津波により陸上に遡上する漂流物の挙動

津波により陸上に遡上する漂流物の挙動

技研ホーム > 研究の概要 > 実験施設:海洋・水理実験棟(平面水槽、マルチ造波水路、不規則波造波水路)

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ