技研ホーム > 研究の概要 > 実験施設:無響室・残響室

実験施設:無響室・残響室

実験施設:無響室・残響室イメージ

無響室では、材料の反射特性等の測定と共に、ホール・スタジオの音場シミュレーション(完成後の音場予測システム)の結果を試聴できます。 また模型による騒音伝播予測実験も可能です。
残響室では、吸音材料の音響特性や遮音材の透過損失等の測定ができます。

特徴

  • 免震・防振構造のため、外部の雑振動の影響を受けません。
  • 無響室と残響室が接続して使えるため、音の放射特性の測定も行えます。

技研ホーム > 研究の概要 > 実験施設:無響室・残響室

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ