技研ホーム > 技術資料 > 年報 : Vol.52(2004年)

年報 : Vol.52(2004年)

※タイトルのみ公開しております。本文閲覧ご希望の論文がございましたら、
問合せフォームに巻と論文名を明記してお送り下さい。

論文

[土質・基礎・地質・岩盤]

  • 振動台実験による杭の地盤反力と液状化地盤応答の関係
  • 膨張性地山におけるトンネル覆工の仕様選定に関する多変量解析
  • 地盤改良によるトンネル分岐・合流部の耐震対策
  • 岩盤空洞の地下水性能評価技術の開発
  • 放射性廃棄物地層処分におけるバリア材料の性能評価技術の開発
  • 山留め壁実測変位から推定した背面側側圧・土圧の評価
  • 地中に残置された既存杭が新設杭に及ぼす影響

[構造・耐震・制震]

  • 制震システムを基軸としたリアルタイム防災システムの提案
  • High Performance Passive Damper with Ingenious Hydraulic Valve System
  • 分散型TMDによる空間構造の振動制御
  • 埋込みを有する原子炉建屋の基礎固定時伝達関数推定に関する解析的検討
  • 波浪中のクレーン船の動揺に伴う吊荷の挙動
  • 自己収縮を低減した超高強度コンクリート部材の構造性能
  • 長ボルト式継手を用いたプレキャスト床版の開発
  • 分割外ダイアフラム形式を用いたコンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁接合部の実験的研究
  • 部材端に開口を持つ鉄筋コンクリート梁の補強方法
  • 角形鋼管柱とH形鋼梁接合部の脆性破壊を考慮した変形性能評価
  • エネルギ吸収効率に着目したON/OFF型パッシブオイルダンパ
  • 鉄筋コンクリート柱部材の復元力特性に及ぼすひずみ速度の影響に関する実験的研究

[材料・施工・生産]

  • 高温度における高強度コンクリートの力学的特性に関する研究
  • ラッピングウォール工法の開発
  • γ-2CaO・SiO2と炭酸化養生を併用したコンクリートの高耐久化技術
  • シラン・シロキサン系浸透性吸水防止材を用いたコンクリート構造物の高耐久化技術の開発
  • 電磁波による鉄筋コンクリート中の塩分測定法の実構造物への適用性に関する検討
  • コンクリートの剥落防止を目的とした有機系短繊維の開発
  • 高性能表面被覆工法(KWウレア)
  • 耐爆裂性能に優れたFc150N/mm2の超高強度コンクリートの開発
  • 曲げ試験を用いた高靱性複合材料ECCの引張力学性能管理に関する実験的検討
  • コンクリート中の鉄筋の腐食速度解析に関する基礎検討
  • コンクリートから発生するアンモニアの低減に関する実用化研究
  • レーザー分光法によるコンクリート中性化の計測

[居住環境]

  • 室内空気のアルデヒド・VOC計測に関する研究
  • Performance of Hybrid Ventilation System Using Double-skin Facade and Vertical Airshaft
  • 特別史跡キトラ古墳仮設保護覆屋における室内環境調整技術に関する研究
  • 炉筒煙管ボイラーの信頼性解析と保全方法の検討
  • 屋内用ロールシェイドの日射遮蔽係数の実験研究

[地域環境]

  • 光高反射・熱高放射塗料の開発
  • Numerical Simulation of Urban Climate in Hanshin District Using Remote Sensing Data
  • 下部散水式生物脱臭装置の開発
  • ポーラスコンクリートの動植物生育特性
  • High-Rate Thermophilic Methane Fermentation on Short-Chain Fatty Acids
  • 水平井戸を用いたバイオスパージング工法の浄化特性について
  • キャピラリーバリア効果を利用した廃棄物処分場トップカバーの検討

[地震・風]

  • 風力発電用風車に作用する風力特性

[メカトロニクス]

  • Real-Time Network System by Responsive Processor and Its Application to Bilateral Robot Control
  • 積分方程式を用いた磁気シールドルームの特性解析
  • 新しい光ファイバセンサを用いた構造物モニタリング実験

[都市・地域計画]

  • ウォータースクリーンにおける区画化効果

報告

[材料・施工・生産]

  • 高靭性繊維補強セメント複合材料の利用拡大

[地域環境]

  • 嫌気好気ろ床法における硝化・脱窒

技研ホーム > 技術資料 > 年報 : Vol.52(2004年)

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ