ここから本文です
Top > Works > 武蔵野クリーンセンター

武蔵野クリーンセンター

東京都武蔵野市

2017年3月

図版:武蔵野クリーンセンターのメインイメージ

住宅地のまん中の清掃工場

築33年を経た武蔵野市の清掃工場の建替え計画。市役所に隣接し、周囲を住宅地にとり囲まれるという清掃工場としては特殊な立地を考慮し、「清掃工場に見えない建物をつくる」ことをテーマとした。プラント機器とのレイアウト調整と建物の地中化により、地上部のボリュームを高さ15mに抑えて住宅地のスケールに馴染ませ、建物全体の形状を凹凸のない矩形に整えてすっきりした外観とした。計画地のかつての姿である「武蔵野の雑木林」を表現したテラコッタルーバーと壁面緑化でファサードを覆うことで、地域の歴史を感じさせながら一見して清掃工場に見えない外観を実現した。市民がごみ処理のプロセスを知り、施設を身近なものに感じられるように、快適で充実した見学者ルートが常時無料で公開(平日10時~17時)されている。綿密な臭気漏洩防止対策や騒音防止対策など、技術的なバックアップが建物を支えている。

延床面積:8,871m2(1期工事、工場棟)
階数:地下2階・地上3階
共同設計者:武蔵野市、水谷俊博建築設計事務所(デザイン設計監修)
主要技術:臭気漏洩防止技術、炉室温熱環境予測
受賞:グッドデザイン賞2017 写真:石黒写真研究所
  • 図版:武蔵野クリーンセンター
  • 図版:武蔵野クリーンセンター
  • 図版:武蔵野クリーンセンター
  • 図版:武蔵野クリーンセンター
  • 図版:武蔵野クリーンセンター

Works