ホーム > 技術とサービス > 鹿島のエンジニアリング事業 > 植物工場 > 植物工場エンジニアリング

植物工場

豊富な実績を活かし、
様々なフェーズでお客様に必要なサービスを提供します。

鹿島では主に人工光型植物工場、太陽光利用型植物工場などのエンジニアリングを行っています。
人工光型植物工場は、2015年度までに鹿島が関与した工場における生産量の合計が日産6万株(事業者計画による)に達し、太陽光利用型植物工場は日本最大級の複合環境制御型温室をEPC*一貫で手掛けています。

*EPC:Engineering(設計)・ Procurement(調達)・ Construction(建設)

図版:植物工場エンジニアリング

その他にも、世界初となる医薬品等有用物質生産のための遺伝子組換え植物工場を設計・施工にて建設を行ったり、資源の枯渇が危惧される薬用植物甘草の水耕栽培に成功するなど、先端的な取り組みを進めています。

鹿島は、これらの豊富な実績をもとに、EPC一貫はもちろんのこと植物工場に関わる様々なフェーズでお客様の必要とするサービスを提供します。

改ページ

ご相談事例

EPC一貫はもちろんのこと、
様々なフェーズでお客様のご相談にお応えします。

※下記の事例をクリックすると対応内容が表示されます。

事例1植物工場を建設するにあたり用地計画等について相談したい。詳細を見る

企画段階における「用地選定」や「関連法規対応」等に関して相談を行い、農業用温室用地選定システムなどのシステムや豊富な実績を活かしながら、お客様の条件やニーズに合わせた用地や計画の提案をはじめ、必要な関係法規への対応を支援します。

  • 栽培に適した気象条件の検討、提案、用地選定
  • 立地条件(物流、水、エネルギーインフラ)の確認、対応事項検討
  • 関連法規(農地法、都市計画法)への対応支援等

図版:気象条件

農業用温室用地選定システムの例

事例2植物工場建設に関わる業者選定のための入札図書を作成してほしい。詳細を見る

計画・設計段階における「入札用図書作成」の対応を行い、必要な各種資料を作成します。業者選定に関しても、お客様の立場に立ったサポートや対応を行います。

各種作成資料

  • 要求仕様書
  • 基本計画書
  • 業者選定用資料等

図版:入札用図書作成

事例3予定している空調計画で目標とする栽培環境を維持できるか事前に検証したい。詳細を見る

計画・設計段階において、鹿島独自の高度な環境シミュレーション技術を活用し、目標とする栽培環境に向けた最適な空調計画や設計について事前に検証することで、無駄なコストを省き、効率的な施設を実現します。

  • 栽培環境シミュレーションによる検証

植物が気流に与える空気抵抗、植物が受ける照明発熱、植物の温度が空間温度に与える影響、光合成・蒸散などを考慮して、気流数値計算を行って室内の栽培環境をシミュレーションします。

図版:環境シミュレーション

栽培環境シミュレーション例

事例4植物工場の建築計画と栽培ラックシステムの製作をしてほしい。詳細を見る

計画・設計段階~施工段階における「建築基本設計」や「栽培ラックの製作」、「ラック施工」までの対応を行い、豊富な経験や実績を活かして、最適な環境が実現できる建築計画やラックシステムを提供します。
また、海外への栽培ラックシステムの輸出など、海外の案件についても対応可能です。

図版:建築基本設計

建築基本設計

図版:栽培ラック製作

栽培ラック製作

事例5稼働している植物工場の室内環境と衛生状態を調査してほしい。詳細を見る

アフターケアでは「環境モニタリング」を実施した上で、工場の湿温度などの栽培環境や衛生状態を調査し、調査結果に基づいたコンサルティングや改善を提案します。お客様の施設が更に最適な環境・衛生状態となるように改善していきます。

  • 栽培環境モニタリングの実施
  • 衛生調査の実施
  • 室内環境と衛生状態改善に関するコンサルティングと改善提案

図版:モニタリング例

モニタリング例

EPC一貫では全てのフェーズにおける対応を行います。

図版:ご相談事例

植物工場 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 鹿島のエンジニアリング事業 > 植物工場 >植物工場エンジニアリング

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ