Page Top

制震・免震技術

免震技術

ウィンカー工法®

超高層ビルのようなスレンダーな形状の建物の場合、大地震時に積層ゴムに引き抜き力がかかり、引張りに弱い積層ゴムに損傷が生じる恐れがあるため免震には不向きとされてきました。「ウインカー工法」は、積層ゴムを鋼製のウイングプレートを介して基礎に固定する据付工法で、積層ゴムに引き抜き力が発生した場合、ウイングプレートが引張変形の大部分を吸収するため、積層ゴムはほとんど引張力を受けず損傷も生じません。特殊な装置が必要ない固定方法なので、超高層ビルや不整形な形状の建物でも信頼性の高い免震構造を低コストで実現することができます。本工法は日本建築センターの一般評定を取得しています。

高層・超高層の建物も免震化が可能