ホーム > 技術とサービス > 建物のライフサイクル技術 > 運営管理とLCC:建物の運営管理をもっとうまく行いたい

建物のライフサイクル技術

建物の運営管理をもっとうまく行いたい

鹿島および鹿島グループは、建物の運営管理の様々なステージで
お客様をサポートします。

竣工後、建物は様々な課題に直面します。鹿島グループ各社はそれぞれの専門性を持って、様々なご要望に対応します。

図版:鹿島および鹿島グループは、建物の運営管理の様々なステージでお客様をサポートします。

  • 鹿島とグループ会社の連携と総合力でサポートします。
  • ここでは、ビルマネジメントやエネルギー管理等の代表的な支援技術をご紹介します。
改ページ

建物運営管理(ビルディングマネジメント)

鹿島グループの鹿島建物は、開発理念、設計理念、高度な施工品質を受け継いだハイレベルな建物管理を目指しています。そして、オフィス・マンション・商業施設については、その機能特性を熟知した適切な管理をしています。特に大型複合用途ビルの総合管理に関しては、追従を許さない管理品質を保持しています。

総合的なビルディングマネジメントサービスの提供

建物のライフサイクルは、右図に示される輪のような流れをしています。鹿島建物は、建物管理業の根幹となる建物維持管理はもちろんのこと、設計・施工と連動した建物維持管理・マネジメント・リニューアルに対応し、LCM全般にわたる総合的なビルディングマネジメントサービスを提供します。

図版:建物のライフサイクル イメージ

建物維持管理

日常の建築物・設備の管理、清掃、警備という管理の基本をベースに、プロの技術集団がお客様の資産と快適な環境を守り続けます。

図版:電気・空調・給排水のエキスパート

電気・空調・給排水の
エキスパート

建物管理の基本は設備の運転・作動状況の確認です。鹿島建物ではこれらの日常管理を支える電気・空調・給排水のエキスパートを社内に多数養成しています。

図版:24時間・365日のコールセンターシステム

24時間・365日の
コールセンターシステム

建物の無人管理をサポートする「遠隔監視システム」と電話・インターネット回線での受付を行う「コールセンターシステム」により、鹿島建物の専門技術者が24時間・365日お客様の建物を守ります。

図版:CAFM

CAFM(Computer Aided Facility Management)

CAFMとは、複雑な建物の管理情報を一元化・データベース化し、蓄積・分析・提供を行うLCC対応型の管理システムです。

建物の運営管理についてのお問い合わせについては、
鹿島グループ 鹿島建物総合管理株式会社にお訊ね下さい。

ページのトップへ戻る

改ページ

エネルギー管理

設備の上手な運転により省エネを図りたいというお客様のご要望にお応えします。

BEMSの高度な活用

BEMS(Building Energy Management System)は建物の省エレルギーや維持管理の合理化を図るための管理システムです。
鹿島はこれまでBEMSデータの分析を行ってきたノウハウをプログラム化して、自動的に建築設備のエネルギー消費上の無駄や削減余地(エネルギーフォルト)を抽出するシステムを開発しました。このシステムを活用することにより、タイムリーに分析結果を建築設備の運転管理者にフィードバックし、省エネルギー性能の最適化と向上を可能にします。

図版:BEMSのビッグデータを分析し、有効なものにするためのノウハウを提供します。

BEMSのビッグデータを分析し、有効なものにするためのノウハウを提供します。

改ページ

EneMASTER®(エネマスター)

鹿島グループの鹿島建物では、顧客建物の省エネを総合的に支援するサービス事業を行なっています。このサービスは、エネルギー管理ツール「EneMASTER(エネマスター)」により、顧客の施設全体のエネルギーデータを専用サーバに集約して一元管理し、企業全体の省エネ実施状況を「見える化」すると共に、義務付けられた提出書類などを自動作成し、お客様の負担軽減を図ります。更に、これまで培った省エネノウハウをコンサルタント業務として提供します。

図版:エネマスター

エネマスターについてのお問い合わせについては、
鹿島グループ 鹿島建物総合管理株式会社にお訊ね下さい。

ページのトップへ戻る

改ページ

竣工図面の最新化

大切な資産である建物、その基本情報である図面はどのような状況ですか?竣工した際の図面(竣工図製本等)作成以降に、すでに小規模な変更工事や模様替えが行われ、間仕切り壁や扉位置、室名など多くの点で現況と異なっているのではないでしょうか。鹿島グループのアルモ設計は、あちこちの資料を引っ張り出さないと最新の情報まで辿り着けなかった図面を、変更履歴を反映して現状に即した図面(CAD図)に最新化して、管理します。

  • 施設の運営・管理・リニューアル・長期修繕のための図面に置換える事で、様々な展開のベースとして活用できます。
  • 施設を台帳等の文字情報だけでなく、現況図面を情報共有することにより、対応のスピードアップがはかれます。

現況図メンテナンスサービス

既存の図面を現況CAD図面化するサービスに加え、お客様に代わって継続的に現況CAD図を常に最新の状況に管理できる仕組みを提供します。

  • お客様に代わって常に図面の状況を把握し、お客様が日常常務に専念できる環境を作ります。
  • 建物の維持管理やリニューアル計画が、常に最新の現況図面で行えます。

図版:現況図メンテナンスサービス

現況図メンテナンスサービスについてのお問い合わせについては、
鹿島グループ 株式会社アルモ設計にお訊ね下さい。

ページのトップへ戻る

改ページ

ビルのごみ処理

鹿島グループの都市環境エンジニアリングは、廃棄物処理のトータルコンサルタントです。

図版:ビルのごみ処理

設計段階からのコンサルティング

分別が悪い、臭い、処理室が狭い、処理機器のコストが高い、床が汚れる、分別人員を削減したい、機器のメンテナンス費を削減したい。事務所やホテルなどの事業所では、廃棄物処理でこんな課題を抱えている場合があります。
都市環境エンジニアリングは、ビルオーナーのこのようなお悩みにお応えします 。

図版:設計段階からのコンサルティング

改ページ

リニューアルに伴う廃棄物処理

事務所移転や閉鎖、オフィスレイアウト変更時や大掃除の際に発生した機密書類、不用品、倉庫に保管している在庫品の処理など、オフィス、倉庫、工場から出る全ての不用品、粗大ごみを回収、処理、リサイクルします。

機密書類の処理・資源化サービス

ISO27001(ISMS)を取得し、お客様の企業情報を保護する活動を行っています。煩わしいシュレッダー処理が不要で 重要書類を未開封のまま、その日のうちにリサイクル処理します。

図版:処理の流れ

処理の流れ

株式会社都市環境エンジニアリングは、事業系(オフィス・ホテル・商業施設他)の廃棄物の収集運搬、リサイクル及び処理、ゴミ処理室の運営、廃棄物処理のコンサルタントまで幅広く対応します。

お問い合わせについては、
鹿島グループ 株式会社都市環境エンジニアリングにお訊ね下さい。

建物のライフサイクル技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 建物のライフサイクル技術 > 運営管理とLCC:建物の運営管理をもっとうまく行いたい

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ