ホーム > 技術とサービス > 建物のライフサイクル技術 > 診断・リニューアル:建物の状態を知りたい

建物のライフサイクル技術

建物の状態を知りたい

鹿島の「建物診断」をおすすめします。

鹿島ではリニューアルの計画・設計に先立って、まず、建物に関わるさまざまな悩みに鹿島の「建物診断」をおすすめしています。お客様の大切な建物の資産価値向上をめざし、技術と実績に基づいた調査・診断を行い、お客様のご要望にお応えする最適な改善策を提案します。

診断を実施するに当たり、鹿島は予備調査としてお客様のご要望をヒアリングし、診断の提案を行います。

  • 必要な診断方法の提案
  • 診断に必要な事前情報の提供依頼
  • 診断に必要な期間・費用などの提案
イメージ

劣化診断

建物は経過年数とともに劣化し、性能が徐々に低下します。この建物の劣化 度合いを調査し、修繕・更新の必要性と更新時期等を提案します。

耐震診断

建物躯体および設備機器等の耐震性を診断します。診断結果に基づき、適切な補修方法の提案と補強の概算額を算出します。

二次部材診断

二次部材(天井・設備)の地震時の脱落・落下について、性能評価を行います。評価結果に基づく対策(改修計画)検討及び概略コストの提示も可能です。

省エネ診断

建物のエネルギー消費を建物種別ごとに総合的に診断します。診断結果に基づき、エネルギーの有効利用・環境負荷の軽減に最も効果的な省エネ提案を行います。

  • お客様の建物について、事前調査からさまざまな診断技術でお応えします。
  • ここでは、劣化診断・耐震診断・二次部材診断・省エネ診断をご紹介します。
改ページ

劣化診断

人間と同様に、建物も長年のうちに老朽化が進みます。老朽化の程度を把握し、早めの処置をすることが結局建物の寿命を延ばすことになります。鹿島はお客様のこのような悩みにお応えするために、建築や設備の「劣化診断」を行い、リニューアルの方策についてもご提案します。

鹿島の「劣化診断」

総合調査

専門家により建物種別毎に建物の外装、内装、躯体、空調設備、衛生設備、電気設備、昇降機設備にわたり総合的にバランスのよい調査を行います。

詳細調査

重要な項目については、さらに重点的にサンプリング調査を行い、劣化の程度を調査します。建物の使用期間を考慮し、更新時期について提案します。

図版:ひび割れ調査 

ひび割れ調査

図版:タイル引張り試験

タイル引張り試験

図版:タイル打診検査

タイル打診検査

「劣化診断」のフロー

まず、周辺環境の調査や図面・管理データ等の資料調査を行って、診断に必要な情報を収集します。次に現地を主に目視による一次診断を行い、劣化度診断結果や修繕更新に必要なコストを提出します。必要に応じ、さらに詳しいに二次調査を行い、調査報告書を提出します。

図版:「劣化診断」のフロー

改ページ

アウトプット(建物調査診断報告書事例)

図版:アウトプット(建物調査診断報告書事例)

ページのトップへ戻る

耐震診断

建物がどの程度の耐震性を持っているか耐震診断の実施をおすすめします。
もし、耐震性に問題があった場合には、いくつかの耐震補強の方法についても提案します。

鹿島の「耐震診断」のメニュー ~鹿島だからできる「耐震診断」~

性能評価

地震時に建物が受ける損傷状況・損害額を評価します。耐震補強、地震保険、建替え等の判断材料を提供します。

居ながら®補強の立案

建物を使用したままでの補強工事を実現します。建物の機能を損なわない、最適な補強計画を提案します。

改ページ

「耐震診断」のフロー

建物の周辺環境調査や図面などの資料調査により、鹿島は最適な診断方法を提案し、診断報告書を作成します。
必要に応じ、精密診断を提案し、実施します。

図版:「耐震診断」のフロー

注:上記は新耐震以前の既設建物への耐震診断のフローを示しています。

耐震診断のメニューとアウトプット

鹿島の耐震診断は、耐震性の傾向をつかむ「第一次簡単診断」から、最新の耐震技術を活用した詳細な「精密診断」まで最適なメニューを揃えています。

図版:耐震診断のメニューとアウトプット

改ページ

アウトプット(耐震診断報告書イメージと診断結果例)

図版:アウトプット(耐震診断報告書イメージと診断結果例)

耐震指標(ls値):建物の耐震性能を表す指標をls値(Seismic Index of Structure)といいます。
その値が大きいほど耐震性が高く、過去の震害例との関係から目標性能を定めています。

ページのトップへ戻る

二次部材(天井・設備)診断

東日本大震災では、二次部材(天井・設備)の大規模な崩落事故による人的被害や事業中断が大きな問題となりました。
鹿島は「天井・設備の耐震性能評価」に関して、被害状況調査・振動台実験などによる独自の指針を制定し、既存建物の性能評価・対策検討に適用しています。

※今後、国により新しい基準が制定された場合は社内指針もそれに準拠して見直していく予定です。

二次部材(天井・設備)の被害の概要

  • 東日本大震災では、建物の構造体から吊られた天井材や設備機器は、地震動により揺れが増幅され、構造体よりも大きな加速度を受けました。天井自体の崩落やこれまで耐震対策の検討から除外されていた範囲の設備機器等で被害がみられました。
  • 段差のある天井部や天井内の設備機器は、それぞれが異なる周期で揺れることにより、相互干渉も発生します。

このような要因が複合して、天井の破損や落下の原因となりました。

図版:天井の損傷原因と対策例

天井の損傷原因と対策例

改ページ

【対策前(非耐震)】

下の映像は耐震性が考慮されていない天井を東日本大震災で得られた地震波を用いて、当社の大型振動台で揺らした場合です。地震により地盤から建物内に伝搬して来る地震力は、天井面においては段差部等の天井の吊り長さが異なるエリアに集中しやすくなり、次の順序で天井の崩壊や設備機器の落下が発生しています。

  1. ①:天井の段差部分(中央部のやや右側)と低い方の天井(段差部から左側)で下地金物が外れる。
  2. ②:低い方の天井が一体となり崩落する。
  3. ③:高い方の天井(段差部から右側)が大きくゆれ始める。
  4. ④:高い方の天井が右端部の壁に激しく衝突し、壁が崩壊する。
  5. ⑤:天井内設備機器(左側箱状の機器)を吊っているボルトが切れ、天井裏面に落下する。(実験の安全のため、ワイヤー吊りしています)

▼ 既存天井の被害状況(当社実施の振動台実験より)

このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。

【対策後(耐震)】

右の映像は、非耐震の天井実験の結果をもとに、損傷した部分に対策を施した天井を同様の地震波で揺らした場合です。対策により天井は崩壊しません。実施した対策は以下のような内容です。

  1. ①:天井を揺れにくくするために、天井内に2対の斜め補強材を設置。
  2. ②:段差部分の補強。
  3. ③:下地金物を滑りにくいものに変更。
  4. ④:設備機器を揺れにくくするために、吊っているボルトに斜め補強を襷掛けに設置。

▼ 対策後の天井の状況(当社実施の振動台実験より)

このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。
改ページ

天井の耐震化検討が必要な建物

  • 体育館、屋内プール、劇場、ホテル、ターミナル(空港等)、展示場等の主要室
    注:上記建物は、国土交通省の技術的助言による報告義務があります。
  • 幼稚園、小中学校、病院、老人ホーム等の主要室
  • 地震時の事業継続、BCP対策等で特に重要な建物(工場、生産施設)等

なお、平成25年2月28日に国土交通省から発出された告示改正案によると、「安全上重要な天井」として、以下のように定義されています。

  • 居室、廊下その他の人が日常立ち入る場所に設けられるもの
  • 高さが6mを超える天井部分で、水平投影面積が200m2を超える部分を含むもの
  • 天井面構成部材等の1m2あたりの平均質量が2㎏を越えるもの

「二次部材耐震評価」のフロー

図版:「二次部材耐震評価」のフロー

改ページ
  • 既存設計図書の照査や現地調査の実施により、現状での詳細な仕様・劣化状況等を把握します。
  • 調査結果をふまえて、国や建築学会の基準、鹿島の独自の指針等により天井や設備の耐震性能検討・評価を行います。
  • 対策が必要な場合は、改修計画や概算コストに関する検討も行います。

図版:調査結果報告書の例

調査結果報告書の例

ページのトップへ戻る

改ページ

省エネ診断

建物のエネルギー消費を建物種別ごとに、豊富な実績をもとに総合的に診断します。
エネルギーの有効利用、環境負荷の軽減に最も効果的な省エネ提案を行います。

鹿島の「省エネ診断」

コスト低減

単なるエネルギー消費量削減ではなく、実際に支払うエネルギー費用低減に向けて効果の高い提案を行います。

環境負荷低減

豊富な実績をもとに総合的に判断し、エネルギーの有効利用・効率的な運転方法を検討します。 エネルギーだけではなく二酸化炭素をはじめとする地球温暖化ガスの排出削減を検討します。

図版:エネルギー管理グラフ(事例)

エネルギー管理グラフ(事例)

「省エネ診断」のフロー

設備概要・図面・エネルギー取引データ等の資料を事前に調査し、目的に応じた適切な診断方法を提案します。

図版:「省エネ診断」のフロー

改ページ

省エネ診断のメニュー

鹿島は、毎月の電力取引量等からエネルギー消費量を算出し、類似建物の比較と比較する最も簡便な「エネルギー消費モニタリング」から、建物固有の省エネ提案に対する効果の検証と最適チューニングを行う診断まで、目的に応じたメニューを用意しています。

図版:省エネ診断のメニュー

アウトプット(省エネ診断報告書イメージ)

診断されたデータから豊富な実績をもとに総合的に判断し、エネルギーの有効利用、効率的な運転方法を提案します。

図版:アウトプット(省エネ診断報告書イメージ)

建物のライフサイクル技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 建物のライフサイクル技術 > 診断・リニューアル:建物の状態を知りたい

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ