ホーム > 技術とサービス > 建物のライフサイクル技術 > リスクの評価とマネジメント:不動産価値の総合評価

建物のライフサイクル技術

不動産価値の総合評価
(デュー・デリジェンスによるエンジニアリングレポ-ト)

様々なリスクを公正な視点から「見える化」します。

建物のリスクは自然災害だけではありません。経年劣化やエネルギー量の変動、今後発生する修繕費用もリスクとなります。法的・経済的側面とともに、不動産の価値を公正に評価する「エンジニアリングレポート」を、豊富な経験を持つグループ会社のERSが提供します。

ERS

  • 不動産の物理的状況はリスク評価だけではなく、収益性にも影響します。
  • 技術的見地から中立的立場で対象不動産の物理的状況を調査します。そして様々なリスクを明らかにし、可能な限り定量化します。
  • エンジニアリングレポート(以下’ER’)は不動産証券化取引に限らず相対取引やリファイナンス、M&Aにおける資産評価など多岐にわたって活用されています。

図版:不動産の価値評価に不可欠なエンジニアリングレポート

不動産の価値評価に不可欠なエンジニアリングレポート

建物のライフサイクル技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 建物のライフサイクル技術 > リスクの評価とマネジメント:不動産価値の総合評価

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ