ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > ダム技術 > 解析・設計

ダム技術

フィルダム長期変形解析システム

フィルダムの施工時変形と湛水以降の長期変形を高精度に予測

フィルダムの施工時変形と湛水時以降の長期変形挙動を最新の弾粘塑性構成モデルを用いて予測する解析システムです。特に施工時の計測データを活用することによりフィルダムの長期変形挙動の予測精度が飛躍的に向上することが期待できるため、長期の堤体安定性評価や遮水性評価等、フィルダムの品質保証に資する技術です。

解析手法にはFEMによる変形・浸透流連成解析手法を用い、堤体材料の構成モデルには羽田D滑走路工事で実績のある関口・太田による弾粘塑性モデル(修正カムクレイ型)をさらに拡張した最新の構成モデルを用いています。

図版:フィルダムの長期変形解析例

フィルダムの長期変形解析例

キーワード

フィルダム、変形・浸透流連成、土/水連成、FEM、弾粘塑性、長期沈下、情報化施工
改ページ

特長・メリットココがポイント

フィルダムの長期的な品質保証に役立つ

本解析システムを用いると湛水以降の長期的な変形・応力・間隙水圧挙動を的確に予測することができるため、フィルダム堤体の品質保証に活用できます。

フィルダムの安定性を的確に評価

本解析システムを用いるとフィルダム施工中の変形や応力、間隙水圧を高精度に再現することができるため、施工時におけるダム堤体の安定性評価が確実に実施できます。

図版:中央遮水型フィルダムのコアゾーンにおける層別沈下計測値と本システムによる解析値の比較例

中央遮水型フィルダムのコアゾーンにおける層別沈下計測値と本システムによる解析値の比較例
(本システムによる解析結果が堤体の実際の沈下挙動をよく再現している)

適用実績

図版:山口貯水池堤体強化

山口貯水池堤体強化

場所:埼玉県所沢市

竣工年:2002年11月

発注者:東京都水道局

規模:堤高35m 堤体積242m3
有効貯水量1,953m3

ダム技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > ダム技術 > 解析・設計

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ