ページトップ

いきまち通信







新年のご挨拶

2015年1月

明けましておめでとうございます。

2012年に開始した「いきまち通信」も早4年目に突入しました。その間、鹿島の進めている“いきものにぎわうまち 生物多様性都市づくり”では多種多様な取り組みを紹介してまいりました。

新たな年を迎え、私達の所属する鹿島環境本部グリーンインフラグループを皆様にご紹介したいと思います。

写真:明けましておメェ~でとうございます。

グリーンインフラグループのミッション

自然の有する防災や水質浄化などの力を積極的に利用して、施設整備や土地利用を進める手法をグリーンインフラストラクチャ―(GI)と呼びます。例えば、道路や橋、屋上の緑化、遊水機能を備えた公園、河川の多目的利用などが環境配慮型の社会基盤整備、すなわちグリーンインフラです。

グリーンインフラグループはこの新しい社会資本整備や地域運営手法の展開をミッションとして、水、緑、農、生き物に関わりながら、緑化提案、農園整備、水辺再生、森林活用などのプロジェクトに携わっています。

改ページ

一緒に活動しているメンバー

グループメンバーは男性5名、女性3名の8名。バックグラウンドは、造園、森林、土木、被服、水産、建築、デザインなど様々、20歳代から60歳代まで、まさに多様な人員構成で日々業務に励んでいます。

写真:一緒に活動しているメンバー

また、毎年インターンを募集しており、日本の大学だけでなく、イタリア、韓国、マケドニアなどからも長期インターンを受け入れ、一緒に仕事を行ってきました。

写真:一緒に活動しているメンバー

加えて、ヤギやヒツジ、ミツバチ、コウモリなども私達の大切な仲間と言えるでしょう。

写真:ヤギやヒツジ、ミツバチ、コウモリ

一緒に活動してくれるメンバーを常時募集しています。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

改ページ

関係諸機関との連携

グリーンインフラグループは多くの組織・人のご支援を頂き活動しています。農のある風景づくりで連携しているNPO法人雨読晴耕村舎、屋上はらっぱ®の共同研究先である千葉大学、東京都市大学、ヤギ除草などで協働している都市環境エンジニアリング、いままで本当に多くの皆様に支えていただき、充実した活動を実施することが出来ました。

2015年も皆様のご期待に添えるよう積極的に活動してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

写真:コッとし(今年)もよろしく!

ページの先頭へ