ページトップ

「いきものにぎわうまち」とは?

case1 駅前複合施設

緑の機能を活かした環境配慮ビルの新しい形を実現

自然の恵みを最大限に活用したビルは、温熱環境改善や周辺生態系への貢献だけでなく、ビル内で採れた食べ物を味わい、緑に触れる機会が増えるなど働く人や来訪者にとって快適で楽しい空間となります。

→ビルのブランディングや集客率の向上

イラスト

図版:駅前複合施設

壁面菜園 認証木材 地産地消レストラン 庭つ鳥 屋上農園 屋上水田

solution 新たな価値をもたらす生物多様性

  • case1 駅前複合施設
  • case2 都市部の学校
  • case3 都市近郊の工場・研究施設

ページの先頭へ