ページトップ

「いきものにぎわうまち」とは? solution 新たな価値をもたらす生物多様性

case2 都市部の学校

限られた敷地内で、自然と共生するエコキャンパスを創造

GISやリモートセンシングを用い、エコロジカルネットワークを科学的に把握することで、面積の限られたキャンパスの緑を生き物の生息空間として整備できます。質の高い緑地は、人と自然との関わりについて学ぶ機会を創出します。

→コミュニケーションの促進や環境教育効果の向上

イラスト

図版:都市部の学校

屋外授業 郷土種植栽 ききみみずきん ヒーリングガーデン ミツバチ 研修菜園

solution 新たな価値をもたらす生物多様性

  • case1 駅前複合施設
  • case2 都市部の学校
  • case3 都市近郊の工場・研究施設

ページの先頭へ