ページトップ

いきまち通信 ヤギ・ヒツジの話題

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヒツジ除草開始

2017年6月

ヒツジ除草開始

5月になると植物は一気に成長し、背丈を伸ばします。この時期は陽気のいい日が多くなり、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めるという意味があります。二十四節気で言う「小満」です。ちなみに、畜産業界では「スプリングフラッシュ」という用語がありますが、フラッシュ(flush)には、何かが急激に増えたり、大量発生したりするという意味が含まれており、「スプリングフラッシュ」の場合、「草」の急激な成長を指します。5月に入ってから庭や畑の雑草取りに追われている読者はよくお分かりかと思います。このスプリングフラッシュに合わせ、ヒツジ除草隊が活動を開始しましたのでご報告します。

那須ちふりメガソーラー

那須ちふりメガソーラーは、鹿島所有の太陽光発電所です。グリーンインフラGr.とヒツジのレンタル先である(株)都市環境エンジニアリングとの連携はもとより、発電所の運営責任部署である開発事業本部、維持管理業務を請負う鹿島建物総合管理(株)も加わり、維持管理に関する新しい技術の確立を目指した長期的な取組みを開始しました。

本年度は、草が伸び始める初夏から秋まで(5月~10月末)鹿島グループ一丸となり、本格的な生き物除草を行います。

写真:那須ちふりメガソーラーにて除草するヒツジ

ヒツジ除草とヤギ除草

以前の記事で、ヒツジとヤギの生態の違いについて紹介しましたが、今回は、ヒツジとヤギの除草後の緑地の仕上がり具合についてご紹介します。

ヒツジ除草の仕上がり

ヒツジは背丈の低い、柔らかい草を好んで食べます。このため、草丈が比較的低い時期に導入することで力を発揮しますが、除草後の緑地は、草丈が短くきれいに整った仕上がりになります。

写真:ヒツジ除草の仕上がり

改ページ

ヤギ除草の仕上がり

ヤギは背丈が伸びた植物や繊維が太く固い植物でも旺盛に食べ、食べられる植物種の範囲が広いことが特長です。そのため、長期間放置され草丈が高くなっている緑地でも大いに活躍します。

写真:ヤギ除草の仕上がり

上記のような特性を考慮すると、除草をする場所の状況や目的に応じて、使用する生き物の選択も異なるのが理解いただけるかと思います。今年度はヒツジ除草隊の活躍ぶりを継続してレポートしていきたいと思いますので、ご期待下さい。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヒツジ除草隊に仔ヒツジが誕生!

2017年5月

仔ヒツジ誕生

2016年11月に太陽光発電所での「ヒツジを用いた生き物除草業務」をご紹介しましたが、そのヒツジの出産で新たなメンバーが加わりましたのでご紹介します。

生まれたのはオスとメスの1頭ずつ、名前はふぶき君とさくら子ちゃんです。

4月上旬に産まれた当初、よちよち歩きで母親から離れなかった仔ヒツジ達はみるみる大きくなり、今では元気に走り回わるようになりました。大人でも追いつけないほどの速さです。飼育係以外の人が近づくと基本的には逃げ回わりますが、時には寄り添ってくることもあり、その愛くるしい姿を見に来る見学者が日に日に増えています。

写真:産まれた仔ヒツジ達(4月中旬)

産まれた仔ヒツジ達(4月中旬)

写真:さくら子(メス)

さくら子(メス)

写真:ふぶき(オス)

ふぶき(オス)

改ページ

品種によって多少の差はありますが、ヒツジの妊娠期間は人間よりも短く、平均147日(145~150日)と言われています。通常、9~11月にかけて種付けを行い、翌春に出産を迎えることになります。今回の出産日から逆算すると、除草業務が終わり、牧場へ引き上げて一息ついた11月中旬ごろに妊娠したことになります。

現在、仔ヒツジ達は、お母さんヒツジの乳を飲んで元気に成長しており、順調に行けば7月頃に除草隊の一員になる見込みです。

写真:除草隊の活動に向けて草を食むさくら子

除草隊の活動に向けて草を食むさくら子

ヒツジ達は初夏から秋にかけて太陽光発電所の除草を行い、それ以外の期間は埼玉県朝霞市にあるKファームの牧場で過ごしています。一般的に草がなくなる冬期の飼育では干草や濃厚飼料を餌として与えますが、Kファームでは、干草に加え地域から発生する野菜くずなどの非食用部を主な餌として与えています。

さらに、副産物として発生するヒツジの糞は回収・堆肥化され、畑に撒いています。

食品廃棄物の中でも、野菜くずなどの非食用部のリサイクルはあまり進んでいないと言われていますが、Kファームでは通常廃棄される野菜くずを再び野菜の生産に利用しており、ヒツジ達はその循環システムの一翼を担っています。

写真:野菜くずなどの非食用部を給餌

野菜くずなどの非食用部を給餌

写真:ヒツジ糞を混ぜた堆肥

ヒツジ糞を混ぜた堆肥

改ページ

写真:母親ヒツジと一緒に

母親ヒツジと一緒に

ヒツジ達は太陽光発電所の雑草繁茂の状況に合わせ、随時Kファームから出動していく予定です。今後も仔ヒツジ含めヒツジ除草隊の活躍についてレポートしますので、ご期待ください。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

東御市(とうみし)の太陽光発電所でヒツジ除草を実施

2016年11月

鹿島グループは長野県東御市にある太陽光発電所内、約10,000m2の緑地管理を生き物除草で実施しました。これは2010年からスタートしたヤギやヒツジを使った生き物除草では最大規模です。

新生紙パルプ商事(株)様より「環境に配慮した太陽光発電所の運営を行いたい」とのご依頼があり、鹿島側から提案したところ採用していただきました。

今回活躍したのはヒツジです。発電パネルの上に登ろうとするヤギの特性に対して、地際の草をきれいに食べてくれるヒツジの方が太陽光発電所での除草に向いているからです。

生き物除草は騒音ゼロ、CO2ゼロ、廃棄物ゼロ(トリプルゼロ)を実現するエコな除草方法ですが、今回ヒツジを使ったメリットは他にもあります。

例えば太陽光発電所内で草刈り機を使用した場合、操作中に弾いた小石がパネルに当たって傷をつけたり、誤って電線を切ってしまったりというリスクが考えられますが、ヒツジ除草では、そのようなことはほとんどありません。また、パネルと地面の間が狭い場所、急斜面やつる植物が絡みついたフェンスなど、草刈り機の使用が難しい場所でも、丁寧に隅々まで草を食べてくれます。

さらに、近くに水源があり除草剤等が使えない場合や、防草シートが古くなり雑草が生い茂ってしまった場合にも、ヒツジ除草はとても有効です。1年目は給水設備などに多少コストがかかりますが、維持管理費は安く、長い目で見た場合、人件費がかかる機械除草よりもコストを抑えられます。

以下、ヒツジ達の仕事っぷりをご覧ください。

写真:ヒツジ除草開始前と実施風景の比較

ヒツジ除草開始前と実施風景の比較

改ページ

除草風景

開始前、太陽光発電所内に生い茂っていた雑草は、2ヵ月を経過する頃にはきれいに除草されました。

写真:パネル間 開始時、2ヵ月後

パネル間 開始時、2ヵ月後

改ページ

写真:フェンスに絡まった雑草への摂食

フェンスに絡まった雑草への摂食

写真:パネル下 除草状況

パネル下 除草状況

ヒツジ除草にはこんなオマケもあります。除草剤・農薬を使わないため、発電所内ではカエル、トンボ、バッタ等、様々な生き物を観察することができます。周辺生態系への配慮という点もメリットの一つです。

写真:ニホンアマガエル

ニホンアマガエル

写真:アジアイトトンボ

アジアイトトンボ

FIT(固定価格買取制度)の導入により太陽光発電所が全国各地に増えています。これらの発電所は20年間の施設運営が必要であり、その中にはもちろん、雑草管理も含まれます。温室効果ガスの排出削減、生物多様性保全に貢献しながら、コストを抑え、のどかな景観で周辺住民にも愛されるヒツジ除草は、環境・経済・社会の側面を考慮したこれからの太陽光発電所の管理手法です!ご関心ある方は是非お問い合わせ下さい。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

狛江CSAレポート

2015年10月

皆さんは“CSA”という言葉をご存知でしょうか。アメリカやヨーロッパなど世界の都市で広がっている取り組みです。“CSA”とは“Community Supported Agriculture”の略で、日本語に訳すと「地域に支えられた農業」となります。CSAには様々な仕組みがありますが、大きな目的は、食の生産地と消費地を繋ぎ、生産者とそれを支持するコミュニティーを結びつけることで、より強固な関係性やパートナーシップを生み出すことです。CSAは元々、年間単位で農産物の料金を前払いし、豊作も不作も農家と消費者が分かち合うような仕組みが一般的でした。今回、鹿島では都市部で発生する生ごみや野菜屑を循環型農業の中で利用することで、都市住民と農業者をつなぐ新しいCSAの仕組みに取り組んでいます。

狛江CSA

鹿島建設と狛江市は狛江市内農業者、飲食店等のご協力の下、今年7月より国交省の「都市と緑・農が共生するまちづくりに関する調査業務」として、狛江版CSAの実証調査を行っています。この実証調査では主に3つの取組みを通じて、農業者と市民の間により良い関係を築き、地域に支えられた狛江の農業を目指しています。ミミズコンポスト、ヒツジ除草、珈琲滓ヒラタケ栽培など新たな循環サイクルを通じて、単に生産者と消費者の関係ではなく、それを超えたつながりが作れないか、調査を行っています。

狛江CSAで行っている主な取り組みは次の3つ

○ミミズコンポスト
農地から発生する野菜残渣、飲食店から発生する調理屑などをミミズによって短期間で堆肥化。ミミズ堆肥を使って農生産を行うことで、生ごみを減量しつつ、地産地消を実現する循環型農業。

○コーヒー滓ヒラタケ栽培
市内飲食店から発生するコーヒー滓を培地として用い、ヒラタケの菌床栽培を実施。収穫したヒラタケを飲食店で使う地産地消の取組みの他、使用済みの菌床は良質な肥料として農地へ戻す循環型農業。

○ヒツジ除草
ヒツジによって市内の農地や緑地の除草を行う他、農地から発生する野菜屑を処理。騒音、ごみ、CO2の排出をなくすトリプルゼロの除草を行いながら、農産物の非食用部の処理も行える循環型の取組み。

改ページ

狛江CSAのコンセプト図

狛江CSAのコンセプト図

ヒツジ除草について

現在狛江市のヒツジ除草で活躍しているのは「シロ」、「クロ」、「メリー」の3頭、皆、生まれて1年以内のメスです。

写真:シロ

シロ

写真:クロ

クロ

写真:メリー

メリー

彼女たちは狛江市にあるブルーベリー観光農園として有名なとみなが農園をベース基地に、市内の緑地の除草管理に貢献しています。畑では主に雑草と傷んで商品として出せないような野菜屑や、収穫段階で発生する葉っぱや茎など、いわゆる農産物の非食用部を食べています。そして、市内の緑地で除草の要請があると出動し、除草を行っています。

7月は谷戸橋公園、駅前三角広場、伊豆美神社脇緑地、および市内農家のTAKAGI FARMの敷地内、8月はのびのび公園とベース基地のとみなが農園で除草と環境イベントを実施しました。トラックで移動することもありますが、近所の公園へはヒツジ達と道路をテクテク歩いて移動。すれ違う人や車の運転手はヒツジと気付くと驚いていました。公園に着くとすぐにお仕事開始、すごい勢いで草を食べていました。のびのび公園で除草を実施した際、近所の狛江保育園の児童がヒツジに会いに来てくれました。ヒツジについて知ってもらうため、クイズを行い、5月の毛刈り以降、徐々に伸びてきた毛も実際に触ってもらいました。

写真:近所の狛江保育園の児童がヒツジに会いに来てくれました

改ページ

ヒツジクイズ

ヒツジクイズ

ヒント:「ヒツジの毛刈りレポート」を読んでみてね。
※正解は最後で発表します。

はじめは怖がっていた子も他の子が触れ合う姿を見るうちに次第に緊張が解け、最後は積極的に触るようになっていました。みんな触ると「温かい」、「もこもこしてる」などの感想が聞けました。

今回は狛江CSAのヒツジ除草についてご紹介しましたが、次回以降、ミミズコンポストや珈琲滓ヒラタケ栽培についてもレポートしたいと思います。ご期待ください。

狛江CSAについてFacebook ページで情報を発信しています。是非ご覧ください。

クイズの答え

クイズの答え

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヒツジの毛刈りレポート

2015年6月

2014年10月に鹿島所有のメガソーラー発電所“那須ちふりメガソーラー”で行ったヒツジ除草をご紹介しましたが、先日、その時活躍してくれたヒツジ達と再会しました。とは言っても、ただ会いに行った訳ではありません。実はこの時期、ヒツジにとって特別なイベント、“毛刈り”があるのです。暑い夏に備え、ヒツジ達が待ち望んでいた日がやってきました。除草で活躍してくれるヒツジ達のことをもっと知ろうということで、スタッフ数名で毛刈りに参加してきたのでレポートします。

6年間毛刈りを逃れてきた結果、毛に埋もれたヒツジが少し前に話題になりました。品種や固体にもよりますが、ヒツジの毛は1年で約10cm程度伸びます。一回の毛刈りで取れる羊毛は5kg近くにもなります。
そもそも家畜化される前のヒツジは自然に体毛が抜け替わる「換毛」でした。昔の人はその抜けた毛を集め、フェルトとして利用をしていましたが、より良質な毛を効率良く取るために品種改良が行われ、毛が抜け落ちない現在のヒツジのようになったのです。

皆さんはヒツジの毛刈りをご覧になったことがありますか?毛刈りのショーが存在するぐらい、間近で見るとその「技」に魅了されます。

写真:写真-1 保定のポジション1

写真-1 保定のポジション1

写真-1にあるように、ヒツジが暴れないような姿勢を保つことを“保定(ほてい)”と言い、これが毛刈りを始める際の基本の形となります。「ヒツジの毛刈りは1にも、2にも保定から」という言葉があるくらい、手際良く作業するための重要なポイントとなります。手順としては、写真-1の保定のポジションから毛が少ない胸の辺りにバリカンを入れ、胸、お腹下、後ろ足、お尻周り、首の順番で刈って行き最後に背中となります。背中を刈る際、写真-2のように寝転ばした保定のポジションをとります。

改ページ

写真:写真-2 保定のポジション2

写真-2 保定のポジション2

この背中を刈るときが一番の見せ場で、ワンストロークで長く刈ることで綺麗な仕上がりとなります。上級者の指導を受けながら、スタッフ一同、滝のような汗を掻きながら作業しましたが、翌日は腕から肩、背中、腰、下半身に至るまで全身、筋肉痛になりました。

写真:上級者が刈ると毛が一枚のヒツジの形をした絨毯のようになります。

上級者が刈ると毛が一枚のヒツジの形をした絨毯のようになります。

写真:毛を刈ってもらったヒツジはさっぱりとしてうれしそうでした

毛を刈ってもらったヒツジはさっぱりとしてうれしそうでした

農水省によると平成25年現在、日本では約16,000頭のヒツジ(ちなみに、ヤギは約20,000頭)が飼育されていますが、そのほとんどは羊肉を目的としており、羊毛の利用はされていません。刈ったヒツジの毛を利用するためには付着しているラノリンオイルという油や汚れを洗い落とす必要があり、大変な手間とコストがかかります。羊毛産業が盛んだった戦後は専門の洗浄工場がありましたが、化学繊維の普及とともにコストが合わなくなってしまい、多くの工場が閉鎖されました。現在、刈られた羊毛のほとんどは破棄されてしまっている状況です。

改ページ

刈った毛の一部を洗濯したらこんなに綺麗になりました。

写真:刈った毛の一部を洗濯したらこんなに綺麗になりました。

国産の羊毛の利用を促進することはなかなかハードルが高いですが、今回は毛刈りを通して、改めてヒツジという動物を身近に感じることができました。今後、メガソーラーだけでなく、ヒツジを使った緑地管理を人間の生活圏に近い場所でも適用していきたいと考えております。

今年度、いくつかの場所でヒツジ除草の計画がありますので、実施状況等についてまたレポートしたいと思います。ご期待ください。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

那須ちふりメガソーラー“ヒツジ除草”を実施

2014年10月

鹿島では2010年より、騒音ゼロ、CO2ゼロ、廃棄物ゼロのヤギによる除草を実施しております。ヤギ、烏骨鶏に続く“いきもの”を用いた緑地管理技術を今回はヒツジを用いて実施しました。場所は那須ちふり湖カントリークラブ内にある鹿島所有のメガソーラー発電所“那須ちふりメガソーラー”です。

写真:ヒツジ除草の様子

写真:那須ちふり湖メガソーラー

那須ちふり湖メガソーラー

なぜ、太陽光発電所でヒツジ除草が必要なのか?これには太陽光パネルならではの理由があります。

その1 “太陽光パネルの一部に影がかかると、そのパネル全体の発電量が減ってしまう”

太陽光パネルを詳しく見るとセルと呼ばれるものが直列で配置されています。「直列」、つまり一本線で繋がっているので、一か所でも影がかかるとその太陽光パネル全体に影響してしまうのです。この為、雑草が伸びてパネルに影がかかると、事業の収入に直接影響を及ぼす発電量が減ってしまいます。

その2 “太陽光パネルの表面が熱くなると発電効率が下がる”

一般的に太陽光パネルは表面温度が高くなると発電効率が下がります。その1の雑草による発電量の低下を避けるため、コンクリートや砕石で地面を覆う方法がありますが、緑がなくなってしまうとパネル周辺の温度が上がり、発電効率の低下によって発電量が減ってしまうのです。

「植物による蒸散作用によってパネル周辺の温度上昇を抑えたい」、「でも雑草が伸びるとパネルに影がかかってしまう」。そこで、人手をかけて、機械除草する方法も考えられますが、環境負荷を抑え、エコな除草をするために登場するのが“ヒツジ”です!

改ページ

いきまち通信の読者の中にはここまで読むと「え?!なんでヤギじゃないの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。その答えは、ヤギとヒツジの特徴を比べると見えてきます。

ヤギもヒツジも哺乳綱・ウシ科・ヤギ亜科に属する動物であり、その下にヤギ属とヒツジ属と分かれます。分類学的にも近縁なこの二種ですが、特徴的な違いがあります。ヤギは“山羊”と書く様に高所を好み活発に動きます。それに対しヒツジは平坦な場所を好みます。もし仮にヤギで除草した場合、高い所を好むヤギが太陽光パネルの上に乗り、設備を傷つけてしまう可能性があります。ヒツジは、ヤギと比較すると足が速く、素早い動きをするという印象ですが、高い所に登ろうとすることはありません。今回、太陽光発電所でヒツジ除草を行った最大のポイントです。

余談ですが、ヤギは地際の植生だけでなく、木の芽、木の実、樹皮なども食べる“ブラウザー(Browser)”(本などを拾い読みするという意味もある。ウェブブラウザーの語源)と言われているのに対し、ヒツジは基本的に背の低い草のみを食べる“グレイザー(Grazer)”と言われています。太陽光発電所の除草にはヒツジのような“グレイザー”の方が適しているということになります。

ヒツジ除草メンバー紹介

写真:シロ(メス0歳)

シロ(メス0歳)

写真:セン(メス0歳)

セン(メス0歳)

写真:ボブ(オス0歳)

ボブ(オス0歳)

今回除草を行ったヒツジはコリーデル種の3頭で全て、生後1歳未満の子羊です。白い体に白い首輪が特徴のシロは体も大きいことからメスでありながら3頭の中でリーダー的な存在でした。シロが動くとそれに続き残りの2頭が付いていく光景がよく見られました。センは顔の細長さが特徴のこちらもメス。ボブは紅一点ならぬ白一点のオス。生まれた時期の違いから他の2頭よりひと回り体は小さく、オスにしては大人しいのが印象的です。

ヒツジは群れたがる性質を持っていますが、今回の3頭も常に一緒に行動をしており、何をするのも3頭一緒。他の2頭がいないと不安な様子でした。

除草範囲にはメヒシバ、ヒメジヨオン、イヌタデ、カナムグラ、タチイヌノフグリなどが生えており、3頭はそれらをまんべんなく食べていました。今回は試験的に行った除草だったため、実施期間は3日間と短かったのですが、写真の通り草をきれいに刈ることができました。

写真:初日の様子と3日後の様子

除草期間中、隣接する那須ちふり湖カントリークラブ従業員の方がヒツジ除草を見学に来られました。見学者の方からは「可愛い」、「大人しい」などの感想の他、この取り組みに対し、「機械を使った除草よりいい」、「エコな取組でいいと思う」など好意的なご意見を頂きました。

改ページ

写真:那須ちふり湖カントリークラブ従業員の方がヒツジ除草を見学する様子

来年は未年

来年は未年ということもあり、鹿島では太陽光発電所はもちろんの事、様々な緑地でこの“ヒツジ除草”を展開していく予定です。その様子はこのいきまち通信で報告していきますので、ご期待ください。

また、いきまちツイッターでも様々な取り組みの“今”をお届けしていますのでよろしくお願いします。

https://twitter.com/#!/ikimatch1

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

桶川市内の工事現場でヤギ除草を実施

2014年10月

鹿島では2010年より、騒音ゼロ、CO2ゼロ、廃棄物ゼロのヤギによる除草を実施しています。今回は、埼玉県桶川市の圏央道の工事現場から依頼を受け、今年最後の除草作業のお手伝いのため、3頭のヤギが出張しました。まだ暑さが残る中、また台風の通過が心配される中、3頭とも良い働きをしてくれました。先月、戸塚の工事現場での除草を行い、しばらく埼玉県羽生市の本拠地で過ごしてから再びの出動。今回も、ツノとその子供のフーヤ・ライヤは現場の方々に暖かく見守られながら、元気に除草に励んでくれたようです。

写真:フーヤ

フーヤ

写真:ツノ母さん(フーヤ・ライヤの母)

ツノ母さん
(フーヤ・ライヤの母)

写真:ライヤ

ライヤ

ヤギ達は約一週間の間、主に現場の仮囲い際に密生したイネ科の雑草を除草した他、現場付近の伐採樹木の葉などを食べました。

写真:現場での除草の様子

除草の初日、朝、羽生を出発したヤギ達は総勢100人程度の保育園児に迎えられ現場に到着。早速、除草の様子を園児達に披露し、すっかり人気者に。

写真:除草の様子を園児達に披露

現場では日除け、雨除けとなる簡易の小屋を建ててもらい、放牧できるようにしっかりと囲いが整えられていました。お陰様でヤギ達は自由に動き回ることができ、好きな草を食むことできる状態に。仮設資材が豊富にあり、場合によっては繋牧用のワイヤー設置なども手軽にできる、工事現場ならではの強みを感じました。

除草の最終日には近隣住民の方々にも現場内で除草の様子を見ていただきました。短い期間ではありましたが、「工事現場とヤギ」という一見接点のないモノを見てもらうことで、環境への取組みについて考えるきっかけができたのではないかと思います。

改ページ

写真:近隣住民の方々に除草の様子を披露

今回は鹿島の稼働中の工事現場で行う事例としては2件目となりました。短い期間ではありましたが、現場所長を始め、社員の皆さん、協力会社の皆さんのご協力があり、安全に配慮し、ヤギが快適に除草に励む環境を整えていただきました。近隣の方々にも一見アンバランスな?癒される風景を提供し、大変好評でした。工事現場で行うことのメリットを改めて感じた次第です。

鹿島は、今後も生き物の仕組みを活用した環境負荷の少ない緑地管理を積極的に展開していきたいと考えています。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

横浜市内の工事現場でヤギ除草を実施

2014年9月

鹿島では2010年より、騒音ゼロ、CO2ゼロ、廃棄物ゼロのヤギによる除草を実施しています。今回は、横浜市戸塚区の共同住宅の工事現場から依頼を受け、夏に入り雑草が繁茂しだした朝礼・昼礼の会場の一部を3頭のヤギにより除草しました。厳しい暑さの中、現場の皆様に見守られながら除草を行ったのはツノとその子供のフーヤとライヤです。

写真:フーヤ

フーヤ

写真:ツノ母さん(フーヤ・ライヤの母)

ツノ母さん
(フーヤ・ライヤの母)

写真:ライヤ

ライヤ

ヤギ達は一週間の間、セイタカアワダチソウなどの草や樹木にまとわりついたクズやアレチウリなどの蔦、さらには伐採樹木の葉などを食べました。また、週末の8月24日には現場でサマーフェスティバルが開催され、会場に集まった近隣住民の方々にヤギ除草の様子を見ていただきました。

写真:サマーフェスティバルの様子

サマーフェスティバルは近隣の住民の方々を招いた催し物で、建設関係のクイズやものづくり体験コーナー、会場の皆さんと一体となったダンスや花火大会など、盛りだくさんな内容。今回はその中で、ヤギに関するクイズも実施させていただきました。用意した8問中、全問正解した方への景品を準備していましたが、なんとクイズ中盤で全員脱落。ちょっと問題が難しかったみたいです。敗者復活で途中から仕切り直しとなりました。

写真:ヤギに関するクイズの様子

改ページ

ヤギクイズの一部をご紹介します。正解者が少なかった4もんメェ~は、以下。

図版:ヤギクイズ 4もんメェ~:雌ヤギはいつから子供を産めるようになるか?

正解は分かりますか?

ヤギの場合はウマやウシなどの大型の家畜よりも性成熟が早く、生育に問題がなければ産まれた年から種付けを行います。今回、除草を行ったフーヤ(生後5ヵ月)もこの秋、種付けを行う予定です。

図版:ヤギクイズ 4もんメェ~ 正解:0歳(6ヵ月)

8もんメェ~はヤギの肉髭に関するもの。肉髭はついている個体、ついていない個体、片側だけについている個体など様々。いったい何のためにあるのでしょうか?

図版:ヤギクイズ 8もんメェ~:ヤギの肉髭は何のためについてるのでしょうか?

正解は「ぱー」の「どちらでもない」です。ついていたり、ついていなかったりするため、個体の識別には便利ですが、実は何のためについているのか理由は分かっていないそうです。

図版:ヤギクイズ 8もんメェ~ 正解:どちらでもない

改ページ

今回は鹿島の稼働中の工事現場で行う初の事例となりましたが、現場社員の皆さん、協力会社の皆さん、また発注者様から「癒される」「かわいい」などとても好評でした。除草範囲の設定や暑さ対策など細々とした配慮が必要となるヤギ除草ですが、エコな除草が行えると同時に、現場の皆さんのコミュニケーションの促進ができたら何よりだと考えています。

今後も環境への負荷の少ない緑地管理、いきものとの触れ合いを通じた環境コミュニケーションを行えるヤギ除草を社内外へ展開していきたいと考えています。

写真:除草の様子

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヤギ除草プロジェクト(日本たばこ産業株式会社様)

2014年6月

鹿島では2010年より、騒音ゼロ、CO2ゼロ、廃棄物ゼロのヤギによる除草を実施しています。今回は、日本たばこ産業株式会社様からのご依頼を受け、東京都江戸川区の施設においてヤギ除草プロジェクトに協力させていただきました。梅雨入り前の一週間と短い期間でしたが、近隣住民に見守られながら、業務を遂行したのが3頭のヤギ、ツノとその子供のフーヤ、そしてベリンダです。

写真:フーヤ

フーヤ

写真:ツノ母さん(フーヤの母)

ツノ母さん(フーヤの母)

写真:べリンダ

べリンダ

毛色がやや茶色っぽいツノは、出産3回超のベテランお母さんヤギ。貫録も十分で、いつもの住まいと異なる環境も気にせず、どんと構えています。フーヤは、今年の3月に生まれたばかり。常にツノ母さんの行動にあわせて過ごしています。色白のベリンダは、優しい性格で臆病ながら人懐っこい性格です。

写真:ツノ母さんとフーヤ

ツノ母さんとフーヤ

写真:べリンダ

ベリンダ

期間中の土曜日には、除草エリアを一般に解放して「ヤギフェス」を開催しました。これは、都市における身近な緑の中で、人といきものが共存する「生物多様性都市」について考えて貰う機会を作る、環境イベントの一つです。ヤギ除草プロジェクトの説明に加え、ヤギに関するクイズなどを出題し、希望者にはスタッフの安全管理のもと、ヤギとのふれあいを体験してもらいました。

写真:ヤギフェスの様子

改ページ

そして、それぞれに個性のある3頭の一週間の成果がこちら。

写真:初日の様子と7日後の様子

当初3頭の存在を隠してしまう程だったヨシやセイタカアワダチソウの背丈が随分低くなりました。この期間、彼女たちが食べていたのは、ヨシやセイタカアワダチソウの他にカラスノエンドウ、ドクダミ、ヤブカラシ、ヒメジョオンやスギナなど。彼女たちにとって毒となるような植物以外は、概ね何でも食べてくれます。当社社有施設でおこなったヤギの除草実験では、外来種のセイタカアワダチソウなどの大型の多年草が減少し、草丈の低い在来種が優占する草地へと変化していくことが確認されています。今回のプロジェクトは、まだ始まったばかりですが、草丈の高いセイタカアワダチソウなどによって日光が遮られ生育できなかった野草類が勢いを取り戻し、多様性のある「はらっぱ」の景色がここにも戻ってくるかもしれません。

今年もヤギプロジェクトにご期待ください。
いきまちツイッターもよろしくお願いします!

https://twitter.com/#!/ikimatch1

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

長津田みなみ台のヤギ除草プロジェクトに協力

2013年10月

鹿島が実施するヤギプロジェクトは、ヤギによる除草で緑地管理を行い、環境負荷低減に向けた取り組みを行っています。今回は横浜市緑区に位置するオリックス不動産株式会社様の戸建分譲地“サンクタスシティ長津田みなみ台”で実施しました。

昨年から活躍するお母さんヤギの“サラ”と、この春生まれた子供の“ベリンダ”が活躍してくれました。

左がベリンダ、右がサラ。2頭は仲良し親子です。

図版:左がベリンダ、右がサラ。2頭は仲良し親子です。

ヤギによる除草は、植物性廃棄物、騒音、化石燃料由来のCO2がゼロになるトリプルゼロの取組みです。また、都市部では接する機会の少ない“いきもの”との触れ合を提供できる貴重なプロジェクトです。

図版:こちらは初日の様子です

こちらは初日の様子です。普段見ることの少ないヤギを一目見ようと、たくさんの子どもたちが見に来てくれました。
恒例のヤギのクイズも実施。さて、後ろにはまだ草むらが残されていますが、これから10日後の最終日までにどれくらい減るでしょうか?

ヤギ除草の実施期間中の休日には、環境教育イベントを実施しました。みなさんに体験していただいたのは、ヤギがどの草を好むのか実際に餌をあげてみる。また、ヤギに触ってみることで、ヤギの性格やどのように一日を過ごすのかを勉強しました。
動物に触るのが苦手というお子さんが、この環境教育を通してヤギの生態を理解し最後にはヤギと遊べるようになったと父兄の方が嬉しそうに報告してくださいました。

改ページ

図版:休憩中のベリンダ

休憩中のベリンダ。子どもたちからたくさん草を食べさせてもらっています。
好きな草はどれかな?

来場していただいた方には、オリックス不動産様からヤギのポストカードやヤギ除草した畑で収穫したニンジンジュースのプレゼントがありました。
また、我々スタッフが手作りしたシュロの葉バッタさんもおみやげとして配布しました。

図版:ヤギのポストカードやヤギ除草した畑で収穫したニンジンジュースのプレゼント

今回のヤギ除草は10日間。途中で台風が来たり、夏日が続いたりと大変でしたが、2頭とも食欲旺盛できれいに除草してくれました。

図版:最終日の様子。初日と比べてみてください!

こちらは最終日の様子。初日と比べてみてください!

ベリンダは子どもらしく好奇心いっぱいでキョロキョロつまみ食い、サラは目の前の草を一心不乱にモグモグ。それぞれの個性も子どもたちはしっかり観察できたようです。
最終日にヤギ達の実家である羽生市のNPO法人雨読晴耕村舎に2頭が帰るときには、多くの方が見送ってくれました。
これからのベリンダの成長も楽しみにしつつ、今回のプロジェクトは無事終了しました。

鹿島では、緑地管理の環境負荷低減や保有緑地を用いた環境コミュニケーションを検討されている企業や学校などを対象としてヤギ除草を展開しています。
御関心のある方はお問い合わせ願います。(お問い合わせフォームへ

また、このブログを通じてヤギたちの様子をレポートしていきますので、ご期待ください。いきまちツイッターもよろしくお願いします!

https://twitter.com/#!/ikimatch1

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

都市公園でのヤギ除草と今年最後の参勤交代

2012年10月

調布の社有施設で約1ヵ月間に及ぶ秋の除草を終え、良く働いた2頭のメス山羊“サラ”と“エリー”は本年度最後となる羽生への参勤交代を実施しました。今回もきれいに除草完了です。

写真:実施前

実施前

写真:実施後

実施後

東京から羽生に戻る今回の参勤交代では、東京都豊島区のご協力の下、豊島区立南長崎はらっぱ公園においてヤギの除草試験を行いました。事前に公園内の掲示板にヤギ除草実施の案内を張り出していたため、現地に到着すると既に多数の見学者が集まっていました。

写真:現地に到着すると既に多数の見学者が集まっていました

近隣の子供たちに見守られながら、早速除草開始です。今回は時間が短かったため、除草面積は限られましたが、多くの方に除草の様子を見ていただくことが出来ました。

写真:近隣の子供たちに見守られながら、早速除草開始です

写真:近隣の子供たちに見守られながら、早速除草開始です

その後、はらっぱ公園での作業を終了し、羽生に到着です。羽生の雨読晴耕村舎では、サラとエリーが除草した畑でニンジンや綿花が大きく育っていました。

改ページ

写真:サラとエリーが除草した畑でニンジンや綿花が大きく育っていました

写真:サラとエリーが除草した畑でニンジンや綿花が大きく育っていました

今年度の東京でのヤギ除草はこれで終了となりましたが、サラとエリーはこれから、お見合いや妊娠・出産という大事な時期を迎えますので、引き続きこのサイトでレポートします。
ご期待ください!

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

学校屋上でのヤギ除草と参勤交代

2012年10月

春と夏の除草を経て、今年第3回目の秋の除草を9月中旬~10月初旬に実施しました。
埼玉県羽生市のニンジン畑でお仕事していたメス山羊2頭(サラとエリー)を東京都調布市の社有施設にヤギカーゴで搬送し、早速仕事開始です。

写真:羽生のヤギ小屋

羽生のヤギ小屋

写真:早速お仕事するエリー

早速お仕事するエリー

ヤギ除草も3年目に入り初年度と比較して植生が大きく変化しました。以前はセイタカアワダチソウやメリケンカルカヤが主体でしたが、現在はイヌタデやメヒシバ主体になっています。

今回の滞在ではヤギ除草の適用範囲を検討するため、調布の除草に加えて都内の中・高等学校の屋上庭園をお借りして除草試験を行いました。屋上にはエレベータにのって移動します。サラもエリーも初めての経験ですがおとなしくしていました。

途中階でエレベータの扉が開いてしまい、待っていた人を驚かせてしまうハプニングがありましたが(申し訳ありませんでした)、無事屋上に到着しお仕事開始です。

写真:エレベータに乗りこむサラとエリー

エレベータに乗りこむサラとエリー

写真:屋上でもきちんと仕事するエリー

屋上でもきちんと仕事するエリー

この学校の屋上にはミツバチの蜜源となるビーガーデンと、芝生広場が設置されています。今回は芝生エリアで草丈の高くなった芝と芝地に侵入したメリケンカルカヤを除草します。 途中昼休みには大勢の生徒さんが見学に来てくれました。皆さん草を食む様子をじっと観察したり、そっと背中を撫でてあげたり、担当者に質問したりと興味津々な様子でした。

写真:生徒さんたちと触れ合うサラとエリー

生徒さんたちと触れ合うサラとエリー

写真:生徒さんたちと触れ合うサラとエリー

写真:メリケンカルカヤを食べるエリー

メリケンカルカヤを食べるエリー

写真:エリー

写真:サラとエリーは機嫌よく帰路につきました

屋上からは渋谷のビル群が一望できたった半日の滞在でしたが、自分たちの人気ぶりにすっかり気を良くしてサラとエリーは機嫌よく帰路につきました。

次回は豊島区の区立公園で実施したヤギ除草の様子をご紹介します。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヤギフェス開催

2012年7月

いきものによる除草試験を実施している調布市の当社社有施設において「ヤギフェス」が開催されました。「ヤギフェス」はヤギやニワトリとの触れ合いを通して、いきものと人が共生する都市「生物多様性都市」を一緒に考えるため、年に1~2回開催している環境イベントです。

当日はあいにくの雨模様にも関わらず、子供から大人まで36人もの参加者にお集まりいただきました。まずは、実験の背景や目的を説明し、2頭のメスヤギ、エリーとサラ、そして3羽の烏骨鶏(ウコッケイ)ボンバー、ピピ、チャチャを紹介しました。

皆さんカメラ片手に撮影してくれています。

写真:皆さんカメラ片手に撮影してくれています。

写真:2頭のメスヤギ、エリーとサラ、そして3羽の烏骨鶏(ウコッケイ)ボンバー、ピピ、チャチャを紹介しました

今回の「ヤギフェス」では、東京の地図の上に、いきものを描いていく「いきまち図」作成コーナーと、小麦のストロー作りやヤギの乳製品を味わうコーナーの2つのプログラムを用意しました。

いきまち図では、ヤギの毛で作成した絵筆を用いて草原やヤギやニワトリを描いてもらいました。絵具は、羽生の不耕起水田の土やツユクサの葉っぱから取った汁を利用して作っています。

写真:ヤギの毛で作成した絵筆

写真:絵具は、羽生の不耕起水田の土やツユクサの葉っぱから取った汁を利用して作っています。

改ページ

大人も子供も真剣にいきまち図作りに取り組んでくれました。ちびっこ画家たちの活躍もあり用意した巨大なキャンパスが30分ほどで埋まってしまいました。

写真:大人も子供も真剣にいきまち図作りに取り組んでくれました

写真:ちびっこ画家たちの活躍もあり用意した巨大なキャンパスが30分ほどで埋まってしまいました

もう一方のコーナーでは、ヤギ乳からつくるシェーブルチーズやフェタチーズ、羽生産のハーブティーなどを味わっていただきました。小麦の茎で作ったストローも珍しかったようです。

写真:ヤギ乳からつくるシェーブルチーズやフェタチーズ、羽生産のハーブティーなどを味わっていただきました

写真:小麦の茎で作ったストローも珍しかったようです

2つのプログラムを楽しんでいただき、最後は出来上がった"いきまち図"を囲んで皆さんで記念撮影です。 “いきまチ~ズ!”の掛け声で撮影しました。

 

写真:いきまち図を囲んで皆さんで記念撮影

当日は、実際に緑地の管理を担当されている行政やディベロッパー、メーカーの方の参加もあり、所属企業でも取り入れたいとの声も聞かれました。

参加者の皆様からは、“ヤギに触ったら暖かかった。”“烏骨鶏が草を食べるのに驚いた。”“ヤギのいる風景に癒された。”等のご感想を頂きました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!
今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

当日の様子はツイッターで詳しく中継しました。ご興味がある方は下記をフォローしてください。

https://twitter.com/#!/ikimatch1

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヤギの参勤交代!

2012年7月

今年1回目の除草を春に行ってから約2ヵ月が経ち、そろそろ社宅の草が伸びてきました。サラとエリーが参勤交代する時期です。羽生から東京にある弊社社宅までの移動はヤギカーゴ(籠)を使います。カーゴ(籠)は軽トラックですが、今回はちょっとした演出でヤギカーゴ(籠)のポスターを貼りました。安全運転で社宅までの道のりは約2時間です。

写真:サラとエリー

写真:カーゴ(籠)は軽トラックですが、今回はちょっとした演出でヤギカーゴ(籠)のポスターを貼りました

社宅に到着したサラとエリーは早速仕事を開始。いつもとちょっと違う草がありうれしいのか、勢い良く食べ始めました。これから約1ヵ月間、都会での滞在となります。

写真:いつもとちょっと違う草がありうれしいのか、勢い良く食べ始めました

写真:これから約1ヵ月間、都会での滞在となります

写真:ウコッケイ

図版:やぎか~ごマーク

サラとエリー、そしてウコッケイの除草により、これまでに減ってきたセイタカアワダチソウや草丈の高い外来種のさらなる抑制に期待がかかります。草丈の低いシバ型の草地に変われば、徐々に管理頻度も減り、種の多様性が高まるはずです。3年目になる今年も除草前後の植生モニタリングを継続して行っていきます。

今月はヤギをテーマとした環境教育イベントを行います。ご興味ある方はご一報ください。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヤギの里帰り

2012年5月

4月に再開したヤギと烏骨鶏による緑地管理プロジェクトは、約1カ月かけて1000m2の緑地の草刈りを終え、サラとエリーは埼玉県羽生市に帰って行きました。

写真:ヤギの里帰り

いきものによる除草を3年間継続した緑地は、セイタカアワダチソウなど太陽光を遮る背の高い草が衰退し、地表面まで光が入るようになったため、1~2年目には見ることのできなかった野草を多数発見することが出来ました。

たとえば、これは「ノビル」です。そのままでも食べられますし、味噌汁の具にしても美味しい!!

写真:ヤギの里帰り

また、ヨモギやオランダミミナグサなど、おかゆにするとおいしい野草も増加!
果樹や野菜など食べられる植栽が育っている景観をエディブルランドスケープと呼びます。
ヤギプロジェクトは「ヤギ乳」が得られるだけでなく、食べられる野草も出現するようになり2重の意味でエディブルランドスケープであることが、3年目を迎え初めて確認できました。

次にサラとエリーが出張してくるのは6月の予定。夏の除草にも御期待下さい。

改ページ

  • ヤギプロジェクトへ
  • いきまちシアターへ

ヤギプロジェクト再開!

2012年4月

鹿島では2010年から社有施設においてヤギと鶏を用いた緑地管理プロジェクトを実施しています。
ヤギによる除草は機械除草と比較して「騒音、二酸化炭素排出、植物性廃棄物」がゼロ、つまり “トリプルゼロ”を目標に研究を進めています。

冬の間は草が無くなるのでヤギは故郷に帰りますが、今年は4月6日からサラ(青い首輪)とエリー(赤い首輪)の2頭のメスヤギによる除草を再開しました。

写真:

写真:

ヤギは原っぱで1日約10m2 程度を除草します。芝刈り機の様な騒音もなく静かに除草し、特有の臭いもないことから住居の直近でも問題なく緑地管理を実施しています。

一方、ヤギの補佐役の烏骨鶏も新しい巣箱の中で働いています。
烏骨鶏はヤギが残したドクダミやヘビイチゴを食べ、庭を除草してくれます。
ヤギがいることで猫やカラスなどの外敵も寄り付かないため、鳥骨鶏は安心して仕事をしています。

写真:

写真:

今年もヤギプロジェクトにご期待ください。

ページの先頭へ