ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 液状化対策技術 > 施工管理

液状化対策技術

注入工事の3次元管理・支援システム

CIM技術をベースに、注入実績を迅速に可視化

3次元注入管理・支援システムは、カスタマイズした汎用的なCIM技術で、薬液注入地盤の土中の状況を3次元でグラフィック表示し確認できる技術です。注入データを迅速かつ省力化した状態でシステムに取り込み可視化します。技術者が注入の位置や進捗状況をイメージできることから、効率的な注入計画の立案や施工管理に役立ちます。特に、計画・施工時の省力化や、結果を後工程にフィードバックすることで、工事の合理化に有効です。本システムは、薬液注入による既設構造物の液状化対策工事や、トンネル工事における大規模注入工事に利用できます。

図版:幹線道路下での大規模注入工事の可視化の例

幹線道路下での大規模注入工事の可視化の例

キーワード

注入、既設構造物、液状化、止水、対策、可視化、見える化、施工管理、3次元
改ページ

システムの概要と構成

システムで取り扱う注入データは、日時、位置、注入圧、注入量、注入速度等の計画値並び実績値を対象とし、注入孔毎にExcel形式の簡単な管理帳票で管理します。管理帳票のデータは、変換プログラムで3次元CADデータに自動変換します。また、自動的に注入実績を管理帳票に取り込み、構造物の変状データや地質構造データとともに3次元で容易に可視化できます。本システムの導入により、計画時には注入孔配置の確実な立案に、施工中には注入現象を理解するための支援ツール(施工中の圧力変化の要因分析等)として活用でき、安全で、確実かつ効率的に注入工事を行うことができます。

沈埋トンネル工法で建設された川崎港海底トンネルの基礎地盤の液状化対策として、カーベックス工法を用いた薬液注入工法が採用されました。その際、施工管理ツールの一つとして、注入状況を正確に把握することを目的に、3次元注入管理・支援システムを適用しています。その他に、石油タンクの液状化対策工事、道路・鉄道トンネルの止水注入工事に活用しています。

図版:3D注入管理・支援システムの概要

3D注入管理・支援システムの概要

特長・メリットココがポイント

注入孔配置計画の
確実な立案と省力化

様々なデータ(注入データ、変状データ、構造物データ、地盤データ、ボーリングデータ)を色々な視点から様々な形式(鳥瞰図、平面図、断面図など静止画はもちろんのこと、工程シミュレーション表示まで)で、迅速かつ省力化して可視化できます。障害物がある地盤を対象とした注入工事でも、様々な注入パターンを確認することで、配孔計画の際に障害物の影となり注入されない箇所の見落としの防止やより効率的な施工計画の立案に役立ちます。

図版:川崎港海底トンネル地盤改良(液状化対策)

川崎港海底トンネル地盤改良(液状化対策)

施工管理の見える化と合理化

施工実績を可視化することで、注入地盤並びにその周辺施設の挙動を日々分析し把握することができます。把握した挙動を次工程の改善に役立てることで、品質の向上、コストの縮減、安全な施工管理を実現します。

図版:北の峰トンネル地盤改良(止水対策)

北の峰トンネル地盤改良(止水対策)

改ページ

適用実績

図版:川崎港海底トンネル改良

川崎港海底トンネル改良

場所:神奈川県川崎市

竣工年:2008年9月 2009年5月  2010年3月 2010年11月

発注者:川崎市

規模:φ2,700
総本数 28本 16本 57本 51本
総削孔長 2,120m 1,197m
4,188m 2,955m
総注入量 2,003m3 1,144m3
2,825m3 1,346m3

図版:227タンク液状化対策

227タンク液状化対策

竣工年:2012年11月

発注者:コスモ石油・コスモエンジニアリング

施工目的:液状化対策

規模:Φ2,250 Φ2,400 総本数24本
総削孔長1,057m 総注入量470m3

図版:旭川十勝道路富良野市北の峰トンネル工事

旭川十勝道路富良野市
北の峰トンネル工事

場所:北海道富良野市

竣工年:2013年8月

発注者:国土交通省北海道開発局

規模:止水注入工 26,000m3

学会論文発表実績

  • 「供用中の沈埋トンネル直下地盤を対象とした液状化対策 カーベックス工法の施工実績」,建設の施工企画,No.750,2012年8月

液状化対策技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 液状化対策技術 > 施工管理

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ