ページの先頭へ


建設現場トリビア

コンクリートは時間との勝負!!

コンクリートは時間との勝負!!

つくってから現場に届けるまで90分

工場でつくられた生コンクリートは、材料であるセメントと水が反応して2〜5時間で固まりはじめてしまうため、つくられてから90分以内で建設現場に届けるルールがあります。このタイムリミットの間に、工事現場内外で行うことはたくさんあります。

これらの作業を確実に行うため、工事のコンクリート担当者は、様々な準備を行います。

固まりはじめる前にやること

1.生コンクリート製造工場の選定

上図の中で、一番時間がかかる作業は、ミキサー車による運搬です。工事担当者は、工場から現場までの道路の混雑状況などを予測して、確実に生コンクリートの搬入を時間内で完了できる製造工場を選定します。

2.最適なタイミングを見計らって手配

工事現場では、たくさんの職人さんが緻密なスケジュールに沿って作業を行っています。このスケジュールに遅れをきたさないよう、最適なタイミングとピッチ(間隔)で生コンクリートを手配します。

3.ミキサー車を誘導する道を確保

ミキサー車が工事現場に入った後、スムーズにポンプ車へと移動できるよう、現場の職人さんと協力して誘導する道を確保します。

4.すばやい検査と作業を行う準備

生コンクリートが運ばれてきたら、すばやく品質の検査を行い、準備していた作業場所にコンクリートを流し込んで、職人さんがならしていきます。

ミキサー車のドラムが回転している理由

コンクリートは、工事現場で使うまではドロドロの状態で運ばなければいけません。そこで、ミキサー車で運んでいるときはドラムを回転させて、コンクリートが固まったり品質が落ちたりするのを防いでいます。

ミキサー車

  • タワークレーン どう解体する?
  • コンクリートは時間との勝負!!
  • 使い残したコンクリートの行方
  • 現場を支える職人さんの「常識」をのぞく
  • 大量の資材はいつ運ばれるのか?
  • 建設現場の知られざる安全対策

建設現場トリビアインデクスへ

ページの先頭へ