ページの先頭へ


建設現場トリビア

タワークレーン どう解体する?

タワークレーン どう解体する?

小さいクレーンを組み立てて、そのクレーンで解体する

高層の建物をつくるときに欠かせないタワークレーン。無事工事が終わり、タワークレーンを解体しようにも、タワークレーンのある場所は数十〜数百メートルの高さまで上がった建物の屋上。解体した巨大な部材を地上へと運ぶ手段がありません。そのため、解体するためだけに小さいクレーンをつくり、そのクレーンで解体していきます。

解体の方法
1. 解体用のクレーンの部品を吊り上げる

まずは、工事で使われていた大型のタワークレーンを使って、解体用の小型クレーンの部材を屋上まで吊り上げます。吊り上げたら、クレーンを組み立てます。

2. 解体用のクレーンで古いタワークレーンを解体

解体用の小型クレーンが組みあがったら、それを使って工事で使われていた大型のタワークレーンを解体します。

3. さらに小型のクレーンを組み立てる

大型のタワークレーンの解体が終わったら、今度はさらに小さなタワークレーンを組み立てて、解体用に組み立てたタワークレーンを解体します。これを何度か繰り返します。

4. 最後の解体用タワークレーンを手作業で解体する

徐々に組み立てる解体用タワークレーンが小さくなり、やがて一つひとつの部品が人力で運べるぐらいの大きさになります。そうなったら、最後に手作業で解体し、部品を工事用のエレーベータなどに載せて、地上へ降ろします。

タワークレーン どう解体する?

改ページ

その他の解体方法

タワークレーンのマスト(支柱)を、建物の外側につくるマストクライミング方式では、解体方法が異なります。この方法では、まずはマストを少しずつ短くしてタワークレーンの本体を地上近くまで降ろします。地上近くまで降ろしたら、地上にある移動式のクレーンを使って解体します。

マストクライミング方式の解体方法

  • タワークレーン どう解体する?
  • コンクリートは時間との勝負!!
  • 使い残したコンクリートの行方
  • 現場を支える職人さんの「常識」をのぞく
  • 大量の資材はいつ運ばれるのか?
  • 建設現場の知られざる安全対策

建設現場トリビアインデクスへ

ページの先頭へ