ホーム > CSRの取組み > 【要素 II 】働くことに誇りを持てる会社

【要素 II 】働くことに誇りを持てる会社

CSR推進の枠組み概念図

建設業は、多くの職種の協力会社の人々と一体となって工事の完成を目指して努力しており、まさに一人ひとりの能力が財産と言えます。多くの人々が働く現場が、安全で相互に信頼し合え、かつ私たちの仕事が社会を支えているとの使命感に満ちた「働きやすく誇りある」現場であるよう、環境の整備と意識の啓発に努めています。

【要素 II 】働くことに誇りを持てる会社インデックス

鹿島のダイバーシティ&インクルージョン

鹿島のダイバーシティ&インクルージョンの考え方や女性活躍推進の取組み、ワーク・ライフ・バランスの推進活動について紹介します。

雇用と人材育成

鹿島は「価値創造の源泉」を「人材」と「技術」と考えています。社員の雇用と技術者育成について紹介します。

建設現場における安全衛生管理

「安全は企業の能力と良心を示すバロメーターである」との理念に基づき、各現場では安全な作業環境を確保するためにさまざまな安全衛生管理活動を行っています。働く人が毎日安全に過ごし、誇りを持って「ものづくり」に携われるよう努めています。

ページのトップへ戻る

ホーム > CSRの取組み > 【要素 II 】働くことに誇りを持てる会社

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ