ホーム > 企業情報 > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

当社グループでは、「社業の発展を通じて社会に貢献する」ことを経営理念に掲げており、株主、顧客をはじめ、取引先、地域社会、従業員等の全てのステークホルダーから評価、信頼される企業を目指しております。

また、取締役会、監査役等による経営監督機能の充実と、内部統制システムの整備によるリスク管理と説明責任の遂行、及びコンプライアンス徹底のための施策を通じて、公正で透明性のある企業活動を実現することを、コーポレート・ガバナンスの基本的な方針としております。

経営上の意思決定、業務執行及び監督・監査

  • 取締役会は、原則として毎月1回、その他必要に応じて開催し、経営の基本方針、法定専決事項、その他経営に係る重要事項等に関する審議・決定を行うとともに、業務の執行状況に関する監督、経営計画の進捗状況の確認等を行っております。
  • 経営・監督機能と業務執行機能の分離・強化及び経営の効率化・迅速化を目的として、執行役員制度を導入しているほか、「経営会議」、「特別役員会議」などの各種会議体を設置し、業務執行の効率性を高めております。
  • 当社は監査役制度を採用しており、社外監査役を含む監査役は、監査役直属の監査役室スタッフを活用しながら、取締役の業務執行の適正性、妥当性について監査を実施しております。併せて、内部監査部門、会計監査人との間で定期的な連絡会を開催して情報を交換するなど連携を密にし、監査の有効性と効率性の向上に努めております。

ページのトップへ戻る

内部統制システムの整備

  • 当社グループは、コンプライアンスを徹底し、リスクを管理しながら業務を適正かつ効率的に遂行するとともに、財務報告の信頼性を確保するために、内部統制システムの構築・運用に努めております。

ページのトップへ戻る

コンプライアンス体制

  • 「鹿島グループ企業行動規範」を定め、随時その見直しと周知・徹底を図るとともに、社長を委員長とする「企業行動委員会」を設置し、企業倫理の確立と法令遵守の徹底を図っております。

  • コンプライアンスの所管部署である法務部が、コンプライアンス体制の整備及び維持を図るとともに、必要に応じて、安全、環境、人事等の各分野の担当部署が、規則・ガイドラインの策定、研修の実施等を行っております。
  • コンプライアンスに関する社内通報制度として、「企業倫理通報制度」を定めております。

ページのトップへ戻る

リスク管理体制

事業遂行上のリスクの発生を防止、低減するための活動を全社的に推進しております。

  • 新規事業、開発投資等の「事業リスク」に関しては、経営会議、専門委員会が、事業に係るリスクの把握と対策について審議を行っております。
  • 法令違反等の「業務リスク」に関しては、「リスク管理基本方針」のもと、各部署が自律的にリスクに対する活動を展開しており、その状況については、社長を委員長とする「リスク管理委員会」が評価、指導を行っております。

ページのトップへ戻る

グループ会社の管理体制

  • 当社グループに属する全ての会社に適用する行動指針として「鹿島グループ企業行動規範」を定めているほか、グループ各社でコンプライアンス・マニュアルの策定、企業倫理通報制度の整備等、当社に準じたコンプライアンス体制を構築・運用しております。

  • 経営管理については、「関係会社管理規程」に従い、グループ会社における重要事項の決定に関して当社への事前協議・報告を求めるほか、必要に応じ、当社の役員、従業員をグループ会社の取締役、監査役として派遣し、適切な監督、監査を行っております。

ページのトップへ戻る

当社のコーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制図

ページのトップへ戻る

PDFアイコン PDFファイルです。閲覧・印刷・ダウンロードには、別ウィンドウが開きますAdobe Readerが必要です。

ホーム > 企業情報 > コーポレート・ガバナンス

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ